“MATSUI”

松井秀が4年契約で合意 日本選手最高の総額約61億
【ニューヨーク15日共同】米大リーグ、ヤンキースは15日 (日本時間16日)、松井秀喜外野手(31)との4年契約に合意したと発表した。16日にヤンキースタジアムで記者会見に臨む。15日は交渉期限の最終日だった。 [ 共同通信社 2005年11月16日 13:06 ]
難航していた松井の契約交渉。 まぁ…サカつくとかやると味わえるけど、契約交渉ってしんどいよね。 松井が、金額ではなく、そこにある誠意を大事にしているのは、 昔から言われていることなのだけど、 今回、予想年棒の話が報道され、まだ上手く行かないと言われる度に、 『必要とされているかどうか』 というセリフが付帯されていたので、

『うーん、松井は、年棒の額で、必要とされているかどうかを判断するつもりなのかな?』

と思っていた。
もちろん、契約上、要求して当然なのだけれども、
そして、そういう考え方は主に海外のスポーツ選手、いやスポーツ選手でなくても、
一般的な報酬に対する交渉として、
よくある考え方ではあるのだけど、
何となく日本での印象と離れていたので、少し心配していた。
別にヤンキースファンではないけれども、
マリナーズ以外のイチローが微妙、と思うように、
ヤンキースの松井を来期以降も見たいと思ってたから。

ニュース番組では一緒に、他の超一流選手の年棒を紹介したりするけど、
松井は一流ではあるけど、超一流にまではなってないからねぇ。
イチローも同じく。
まぁイチローは、自分の分野では超一流か、
ただアメリカの隅っこの新米球団所属ってだけか、
ともかく、推定15億ってのは十分じゃなかろうかねぇ。
NFLほど厳格ではないにせよ、サラリーキャップもあるんだし。

まぁしかし何はともあれ、上手くまとまって良かった。
ヤンキースのファンではないし、
松井のせいで多くのマイナーな試合が見れないという弊害はあるものの、
やっぱり、NYが似合うような気がするよ。
活躍を待っております。


もう一個、“松井”ネタ。

日本、松井の決勝点で辛勝 サッカー国際親善試合
 サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップは16日、東京・国立競技場で行われ、ことし最後の試合となった日本代表は後半44分の松井(ルマン)の決勝点で、来年のワールドカップ(W杯)に初出場するアンゴラ代表を1?0で下した。 [ 共同通信社 2005年11月16日 21:36 ]
松井は、決めた後ポーズこそ取ったけど、 どうして良いかわからんといった風でなんか良かった。 ちょうどね、何をやっても後一歩っていう展開だったからなぁ。

それにしても松井。
あいつは凄い、なんで代表に選ばないんだ、と息巻く友人知人を横目に、
僕は暫く沈黙してきたのだけど、
それは別に凄さを認めていないというわけではなくて、
まだまだ、未成熟だなと思っていたからで。

正直に言うと、京都パープルサンガ時代、
僕、松井を見るために、西京極へ通ってたんですよ。
これでも。

ただ、放送中に解説者(水沼さんかなぁ…)も言ってたけど、
フランスに行って、周りを生かすということ、
ゲームを作るということを覚えてきたような気がする。
自分が切り込んで、周りはあうんの呼吸でサポートしてくれる、
そういう状態だけではなくて、
意図のあるパスからの展開、
むしろ、ボールのないところでも切り込めるようになったと言っても良い、
ドリブルで切り込むことを、
日本ではスピードがあると表現したりするけれども、そうではないよね。
きっと、以前より周りを見るようになったのだと思う。
王様が常に孤高である必要はない、
中田の変化を見ても、同じような、人間的な厚みを感じるけれども、
松井も、成長したなぁ、
このところの喧噪を見つつ、そんなことを思う。
むしろ、フランスでじっくりチャレンジして欲しい。

頑張れ、松井!
(そして今日はナイスポジショニング!柳沢もナイスアシスト!)