以前のこともあるので、このことが正しいのかどうかには言及しない。
ただ、記事中、ハテナ?なことがあったので、その指摘を。


東京都議会:与党、石原知事側近の浜渦副知事に辞職要求
東京都の浜渦武生(はまうずたけお)副知事と、都議会知事与党の対立が抜き差しならない状態になっている。浜渦副知事は、石原慎太郎知事が国会議員時代から30年以上、秘書などとして仕えてきた側近中の側近。だが、自公は調査特別委員会(百条委)で「偽証」をしたことなどを理由に辞職を要求している。次回の百条委は31日。石原知事は側近に責任を取らせるのか、それとも守るのか。17万人の都職員も成り行きを注視している。【高木諭、大槻英二、田中義宏】


話を極めて簡単に言うと、
副知事は偽証したので辞職せよ、と都議会が迫っているということのようだ。
副知事は、知事の長年の秘書で、現在かなり大きな権力を持っているそうだから、
まぁ、恨まれる背景は十分あり得る(真実は知らないが)
議会と、行政の対立は、東京都に始まったことではないし、珍しくもないんだが、
ただ、議会側の言い分がよく分からない。


状況は上で書いたとおり、『偽証した』ので辞職せよ、なのだが、
本当に偽証したかどうかは、実はわからないのだ。
百条委員会で、副知事の答弁が偽証だった、と決定づけられたが、
これは多数決による決定であり、公平な真実の吟味があったか疑問である。
そもそも、『民主党にやらせ質問をさせた』ことが、
民主党を除く各会派で認められたことが、何の意味を持つというのだろう。
とても、民主的な議会とは思えない。

問題は、補助金をどうするかであって、
副知事の発言が、仁義にもとるかどうかはどうだっていいんである。
それは都民が決めるから、都議会は黙って自分の使命を果たせば良いんじゃないのか?
そんなに辞めさせたいなら、都民に説明し、署名でも何でもすればいいし、
何らかのリコール決議だって行えるだろう。
話を面子の問題に置き換え、さらにそれを進退問題に発展させる、
手法的に何らかの醜い争いがあるように、示唆させる。
要は、ただのクーデターなんじゃないのか?


真実はどうか解らないし、副知事が辞職したりするかもしれないが、
百条委員会の権力を盾に、副知事を辞めさせたって、問題は解決していない。
副知事は大きな権力を持っているそうだが、辞めさせて都行政や都民にプラスになるのか?
大方、面子を潰された誰かの裏工作じゃないのか?(推測です)
首都の立法行政を司る都議会が何をやってるんだ。
プチ国会は要らないぞ。


…まぁ、東京なんか、どうなったってしらんけど。

追記
情報を総合すると、副知事が誤魔化そうとしたが、事実は明らかになってしまった、 というのがとりあえずの『現実』のようだ。 さらに、民主党に関しては、党は偽証に賛成してはいないが、 質問に立った議員は、百条委員会で、副知事の影響を認める証言をした模様。 うーむ、やはり一つのメディアの記事でエントリを書くとろくな事になりませんな。 さらに、刑事告発、辞職勧告も検討中とのこと。 なんだよ、ちゃんと手続き踏んでるんじゃないか。 毎日の報道だけでは、そんなことは読みとれなかった。 在る意味で、新聞メディアの限界なのかな… (紙面に限界があり、流れを全て含めて記述するのは困難) 東京の記事とは言え、全国紙に載せるなら、所詮はただの地方ニュースなんだから、 きちんと分かるように書いてくれないと困るよ。 東京の人には常識かもしれないけどさ。

そういうわけで、エントリ中、早合点により、誤解がありました。 削除はしませんが、追記という形で謝罪し、訂正します。

まぁ、きな臭いことには変わりはないんだけれどもね。
さらに追記
石原知事、浜渦武生氏を更迭へ きょう自公幹部に伝達
京都の石原慎太郎知事は自民、公明両党などから辞職を求められている側近の浜渦武生副知事を更迭する意向を固めた模様だ。他の特別職の人事案も含め、30日に両党の幹部に伝える。

 浜渦副知事は都議会調査特別委員会(百条委)で「偽証」と認定され、両党などから辞職を求められていた。26日には福永正通、大塚俊郎両副知事と横山洋吉教育長が「都政混乱の責任を取る」として、石原知事に「進退伺」を提出していた。

 民主を除く各会派は31日の百条委で浜渦副知事に対する刑事告発を議決する構えもみせるが、更迭方針が示されれば、告発は見送られる見通し。

 浜渦副知事は石原氏が衆院議員時代の72年から秘書を務めた側近中の側近。00年7月に副知事に選任された。都庁を空けることの多い石原知事に代わって政策や人事を握り、議会から「運営が独裁的だ」と批判を受けていた。

毎日新聞 2005年5月30日 東京朝刊