先日、ニューヨーク近代美術館他4ヶ所の美術館に、自分の作品を勝手に展示して話題になった、
"Art Terrorist"こと"Banksy"。
あれから2ヶ月、再び彼がやってくれました(笑)

「芸術テロリスト」今度は大英博物館にニセ壁画
【ロンドン=土生修一】今年3月、メトロポリタン美術館などニューヨークの4つの美術館に自作を勝手に展示した英国人画家「バンクシー」が、今度は、大英博物館に、古代人がスーパーマーケットのカートを押しているニセモノ壁画をこっそり展示した。

 この壁画は、「狩りに出かける古代人」の題で、今月16日に「古代ローマの英国」展示室に許可なく置かれ、18日まで3日間、だれにも気づかれずに展示されていた。

 大英博物館スポークスマンは「他の展示品と調和していた。タイトルの付け方も本物そっくり」と、“見事”な手口に脱帽のコメント。

 「芸術テロリスト」と呼ばれる「バンクシー」の事務所は本紙に対し、「大英博物館が私の作品を常設展示すれば、壁画の面白さがわかってもらえるはず」と本人の声明を伝えた。

(2005年5月21日1時35分 読売新聞)


読売新聞の記事には画像は付いてないんだけど、
英BBCのニュースでは、その問題の画像が表示されていた。

うーむ…確かにこりゃパッと見わからんなぁ…
大英博物館のキュレーターなら解って欲しい感じもあるけど、
(どう見たって、スーパーの牛肉売り場に向かうおばはんじゃないか)
アイテム数も膨大だろうしなぁ。


BBCのオンライン版では、この記事に関してかなりの文字を費やして、
謎の芸術家、Banksyの情報を集め、また関係者のコメントも載せている。
まぁそれによると、活動拠点くらいしかわかっていることはない、
そして、大英博物館広報も、
『他の展示物と非常に良くマッチして出来ており、付随していた説明もよく似ていた。』
とお手上げ状態。
同じく、
『彼はそれを私たちが保有できると言っていて、取りあえず今は彼に貸し出している。
今後どうするかは検討中である。』
とも言っていて、
ロンドンで、Banksyの新しいショーがあるし、
そこでは多分、『大英博物館からの借り物です』というコメントが付くんじゃないだろうか、
としている。


BBC NEWS | Entertainment | Arts | Cave art hoax hits British Museum


その他、ABCニュースのオンライン版でも、
先日のNYの展示と絡めて報道。
こっちは短め。


'Art terrorist' hits British Museum with caveman fake. 21/05/2005. ABC News Online


ていうか、まぁ、面白いのは、
記事の記者含めて、特に誰も非難していないんだよね…
日本だったら、いろいろと書き立てられそうな気がするが、
そういうのがない。
そうは笑いつつも、各美術館も対策はとってくると思うけどね。


いやはや。
全世界で模倣犯が出ないか心配だ(笑)

追記
その他、 Mirror オンライン版、Herald Sun オンライン版、SUN オンライン版、 などでも取り上げられてるな。


Mirror.co.uk - News - CON ARTIST

Herald Sun: Rock trolley an art bandit's folly [21may05]

The Sun Newspaper Online - UK's biggest selling newspaper