selfish iritated

イライラしてくると 自分の話ばかり しちゃうんだ それで 自分の話だけで 満足してしまって それで 終わり 自分勝手だよね 知ってるんだけど イライラしてると 仕方ないよね 自分の話なんて 自分は知ってるから 君の話を 聞きたいんだよね ホントはね (2000.11.23.)

続きを読む

MondayNightGame — St.Louis vs Washington

最近、NFLにはまっている。 今日はNHK-BS1にてMondayNight Rams vs Redskins 観戦中。 フォーメーションなど、細かいところは勉強不足でまだまだ分からないが、 どんなところが面白いのか、とか、最低限、どんなプレーがすごいのか、は、 少し分かるようになってきた。 相撲とかも同じだけど、TVでこうして見てても分かんないけど、 アメフトの選手ってすごい、と思う、ある程度の仕事の分担があるとはいえ、 例えばパワーだけとか、スピードだけとかじゃダメで、 両方を、高いレベルで兼ね備えている。それに、チームの戦略。 例え、Offenceで、TDを決めた選手がいたとしても、 それは、その選手や、パスを投げたQBだけではなくて、 相手のディフェンスを抑えるOL、囮になるWR、 Offence全体を企画するコーディネーター、そういうチーム全ての 『意志』が1playに集約されている。 そして、良くも悪くも1playが切られていくゲームスタイルだから、 その『意志』をすごく感じる。一瞬の集中力、その爆発。 んー簡単なルールを知ってるだけだけど、面白い。 もっと勉強しよう、その方がより面白いだろうから。

続きを読む

Stare.

見つめること。見ること。言葉にすること。 相手の目をじっと見つめることが苦手だ。 目を見ると、相手の思いが心の中に、堰を切ったように流れ込んできて、 時に恥ずかしいし、時に、苦しい。 何かを考えるときは、何かをじっと見つめながら考えることが多い。 『見つめる』その方が、なにか、考えがうまくまとまる… 決して、頭の中で、論理を組み立てるんじゃなく、 物の『向こう側』を見つめながら、自分のFeelingに合う言葉を探していく、 そしてその言葉から、理由を想像していく。 そして、1つのFeelingについて、周りをぐるぐるぐると歩いて、 なるべく多くの視点から見つめていき、そして言葉にしていく。 だから、僕の言いたいことを相手に伝えるには、 それと同じ事 ── 周りをぐるぐると周りながら、多くの言葉にして、 それを全て言葉で伝えて、また相手にぐるぐるぐると歩いてもらって、 言葉を想いにしていってもらう ── をしなくちゃならない。 360度を撮影した映像を見たことがあるだろう? 相手の目を見つめるのが苦手だ ── 相手の目を見つめるときには、相手も僕の目を見つめているだろう。 そして、 僕の想いが、僕の意志に関わらず、相手の心に流れ込んでいるかも知れない。 まだ、まとめることができていない想いが…。 誤解されたくない、僕の想いを、正しく受け止めて欲しい、だから、、 少し待ってくれないか? 相手に『材料』を与えないで話をすることは、 相手の主観や想像に全てを任せることだ。 時に、言葉でどうしても伝えられない部分を相手の『感性』が補い、 拙い言葉で全てを伝えようとするよりも、 もっと正確に想いが伝わることがある。 でも、想像力は、あらゆる事を補うことができ、 どんな物でも作ることができ、真実に近づくような気がするけど、 想像が多くなりすぎて、正確にはならない… 相手の目を見つめることが、、、苦手だ。 見つめることは見つめられることだ。 そしてずっと、忘れない、 じっと見つめられた目を、その時の想いを、流れ込んできた感情を、 その、空気の冷たさを、悲しいほど綺麗な、夕暮れを。 (2000.11.20)

続きを読む

Friends..?

友達。 人並みに、6・3・3、12年間学生をやってきた(大学生は…ちょっと除くのよ)んだけど、振り返ってみて、友達多い方だっけかな?と思うと…うーん…どうだろう? 『あんまり友達はいなかった』っていう結論を導き出そうと思って考えてたけど、いや、意外とそうでもなかった。小学校の時はみんな仲良かったし、今でも会ったりメールのやりとりしたりするし、附属だから、中学も小学校とほとんど同じメンバーだし…。高1の時は、仲良かった奴等と離れちゃったけど、同じ高校ではあったし、それに新しい友達もいっぱいいたなぁ…考えてみると…忘れてるだけで。 ただ、1つだけ言えることは、僕はマイペースな人間だったから(いまでもそうだけど)、それに、悩みはヒトに相談するよりも、自分の中で考えてた方が楽しいタチの人間だったから(いまでもそうだけど(^-^;)、何か相談して…ということはなかった。小学校の時はあったんだけど、その友達と、ちょっとしたことで(でも僕はすごく傷ついた)喧嘩して話さなくなって以来、友達に何でも話すような人間じゃなくなってた。だから、学校で話をしたり、たまにどこかへ遊びに行ったりはするけど、つまり要するに、『友達』だった。 名古屋で1年浪人して、京都に来た。 浪人時代は楽しかった。寮で一緒に暮らしていたし、同じ高校から、5人くらい来てたから、ほとんど強制的に(笑)仲良くなってた。ほんとは、20時以降は自分の部屋から出ちゃダメなんだけど、そんなのばれないし、友達の部屋で(その部屋だけはじっこでデカかったから、なんだけど)夜遅くまで、話をしてたこともあった。 京都。 周りは知らない人ばかり。今、初めてあった、ヒト、ばかり。知らない人といきなり仲良くなれる性格じゃない僕は(表面上はともかく)、当然のように、別にクラスの友達なんてどうでもいいと思ってた。入学して最初の頃は仲良かった奴もいたけどね。でも、何を思ったか、馬術部に入部してしまった僕に、クラスとの接点があるはずもなく。 でも。 馬術部で知り合った人は、先輩にしろ、後輩にしろ、同回生にしろ、『仲間』だったし、それは友達よりも大きかったと思う。いや…いまだに、十分大きいと思う、生活は全く変わってしまっているけど、たまには会うし、それに、普通の友達とはどこか違う。大抵のことなら、相談できるような気がするし… 馬術部で、自分も、変わったような気がする。 んー友達か…考えるのは面倒だけど、 いないと困るし、いたら嬉しい…んだよね…。 友達との出会いって、恋人に似てるよね。 (2000.11.19)

続きを読む

about 69tracks on the Web

69tracks webデザインについて[II] (as『69tracksProject vol.3.0c』) 11/11に、せっかくデザインに対する意図を書いたにもかかわらず、 その3日後に、その象徴とも言えるトップページを入れ替えてしまうなんて、 何てコトだ。まぁでも、言ってみりゃそれが気まぐれ的僕であるということで、 僕に関わる人には、それに慣れてもらうしかないわけで…。 全体に対するイメージは変えてないので、いぜんとして、 『vol3』というプロジェクト名は引き継いでるけど、 まぁマイナーアップなので、『3.0c』ということで。 せっかくだから新しい方の意図みたいなのも書こうかと。 これ書くとがっくりという感じだけど、あのデザインの意図は トップページ下の帯ロゴが全てであります。 アレを使いたいために、いや、これ使ったらいいだろうと考えて、 じゃあそれに合わせて、どんなデザインなら、技術的にどうやったら、 というのを考えて。作ったのがあれ。 お手本もまぁあるコトにはあるけど、 後で見直したら自分のとはまったく違っていたので、 結局自分のイメージらしいです。ナニカに対する。 全然違うモノを持ってくる。 というイメージは引き継ぎつつ。 だから、見た目は違うけど、兄弟。 ま、いいか、どうでも。 新しいの持ってくると、前のは未熟者に見えちゃうのは気のせいかな? それでまた何かしちゃうんだよなー でも今回はかなりデカイ新発見があったので、 ちょい満足。 (2000.11.16.)

続きを読む

Why Love Her?

気の多さ。 もともと、気は多くない方で。 結構一途だったりする。(男にはあんまり使わないか(^-^;) でも、気に入った女の子が何か知らないけど やたらたくさんいたときがあったなぁ…と 確か、高校の時で、 15人くらい気になってたんじゃないかなぁ… その中の何人かは仲が良くて、何人かは顔を知ってるだけだった、かな。 何人かと付き合ったり、付き合いそうになったんだけど、 結局だめだった。 そう、他に、いたんだよね、ずっとホントに好きだった子が。 じゃあでも、付き合った女の子が好きじゃなかったかというと、 ううん、そんなことない。 好きだったんだよなぁ…すごく。 じゃあそのこ以外は愛せないかというと… んー 今まで好きになってきた中で、3人だけは何故か例外で。 謎だなぁ… 何が違ったんだろう? どこが違うんだろう? なんかよくわかんないや。 (2000.11.15.)

続きを読む

Boogie-Back.

今夜はブギー・バック 2000.11.14. Kenji Ozawa feat.Scha Dara Parr ▲ ▼ しまった。忘れてた。 これ、書かないと始まらない。 僕にとって、あらゆる意味で、思い出深い1曲で… どれだけの想いを込めて歌ったことか… 歌詞が、心に突き刺さるけど、 よぞらの向こう、とは違う、 うまく説明できないけど。 (説明したくもないかも) むかしは良くカラオケで歌ったけど このところは、いつの間にか入れられて歌わされることもしばしば。 別にいいけどね。 もうそろそろ終わりかも、とか思いつつ。 思いつつ、ここに書いてたりする(^-^; 心変わりの相手は僕に決めなよ ロマンスのビッグヒッター、グレートシューター 踊りつづけるなら (2000.11.14)

続きを読む

the Hidden Side of the Concept

『No Cool No Tough No Kind』 BBSについてる表題。 裏コンセプト。 カッコつけない。強がらない。『不親切』。 不親切→気を遣わない、ということかなぁ。 拡大解釈してみれば。 言いたいことを言い、書きたいことを書く。 自分のために、ありのままの自分を書いてみる。 -- — 君は格好良くないんだから、無理にカッコつけなくていいよ。 君は強くないんだから、強がらなくていい。 気を遣いすぎる親切なら、なくたっていいんだ。 -- — 不親切。 このサイトにはbackボタンはないし、 どこに何があるかっていう説明もないし、 画像もほとんどないし、 誰にも言わないような仕掛けもあるし。 『ホームページは親切に分かりやすく』 くそくらえですな(笑) (2000.11.13.)

続きを読む

American Football

京大vs関学 今期の優勝を決めると言ってもいいこの好ゲームを観に、西宮スタジアムへ。 残念ながら、いきなりリターンバックTDで先手取られて、 後半(第3Q)からは一方的な展開になっちゃって、 負けちゃったんだけど。 でも、AmericanFootball、 面白いね! 試合実際に見たのも、隣に良く知っている人がいて見たのも初めてだったんで。 昔はルール分かんなくて敬遠してて、でもヒマで、 見てる内に分かってきて、それ以来、BSでたまに見てたんだけど。 今シーズンはNFL見ようっと! はまったかも…(^-^; やっぱ、スポーツはいいよ。 特に実際に見るとね… 競馬でも、サッカーでも、アメフトでも…。 (2000.11.12)

続きを読む

Metro-Bush.

METRO-BUSH 楽しかった。いつもは行かないイベントも味わうことができた。 うん。 でもね。 ちょっと、自己嫌悪…。 いろいろと… いいのか、俺?それで。 カウンターの灯りの下のタバコがちょっと寂しくて。 だめだよね、多分。 悩んでも仕方ないかな。 …。 バトルロイヤル。 お客はどうのっていいものか、ちょっと迷ってる人もちらほら? でもねぇ。 僕には、すごく楽しそうな、DJの人たちがすごく印象的でした。 自分の1曲のレコードを持って、楽しそうに並んでる人。 全然ジャンルの違う前の人のから、どうやってつなごうかとか考えながら、 えいやっとつないじゃう、で、その表情、 最近少なくなって来ちゃってたけど、 カメラ持ってればなぁ、 と思う場面でした。 楽しそうだったなぁ… ホントに。 (2000.11.11)

続きを読む