【Vue.js】Vuexで他のモジュールのアクションを呼び出す【メモ】

Vue.js logo

ストアオブジェクトを複数のモジュールに分けていた場合に、1つのモジュールから他のモジュールのアクションを呼び出した方が効率的ということがあります。それぞれ名前空間が決まってるわけだし、呼び出すことは出来ないんじゃないか……と思ってたんですけど、普通に出来るみたいですね。

続きを読む

【vue-chartjs】グラフのオプションを一括設定したい【#np2020】

Vue.js と Chart.js を連携させてグラフを描画する場合、ラッパーとして「vue-chartjs」を使うと面倒なことがかなり省略できて楽です。ファイルさえ準備しておけばデータを入れて簡単にグラフが描画できるというイメージでしょうか。導入に関しては公式サイトなどを参照してください。

続きを読む

【メモ】npmからyarnに乗り換え【#np2020】

yarn_logo.png 少しずつ開発している新サイト(プロジェクト名:np2020)では、環境の設計以来ずっとnpmを使っていたんですけど、業務でこれまた新しく設計された環境(設計したのは前任者)で開発をしていて、そこでyarnを使っていてインストールがとても速くて使いやすいので、こっちでもそれに乗り換えましょうということで乗り換え。 npmとyarnの違いについてはこの辺がわかりやすいです。 Yarnとnpmの違い:JavaScriptパッケージマネジャーを比較する – WPJ npm vs yarnどっち使うかの話 – Qiita 手順は以下の通り。

  1. npmでyarnをインストール
  2. yarnコマンドを実行
以上です。それだけ。

続きを読む

「npm run production」でエラー(メモリ不足)が出てコンパイル出来ない【#np2020】

npmのサムネイル画像 今現在のフロントエンドはBootstrapVueで、Laravel Mixを使って

npm run dev
コマンドで開発用コンパイルをして動作チェック、問題なければmasterブランチにマージしてデプロイというかたちになっています。「npm run dev」コマンドは複数のファイルを1つにまとめてくれるんですが、minifyはしません。一方で本番用コンパイルである
npm run production
の方は、まとめた上でminifyしてくれます。どれくらい小さくなるかは環境によると思いますが、僕の環境ではおおむね1/4程度にはなるようです。jsファイルやcssファイルは参照される頻度も高いので、これが小さくなるのはとてもデカい。というわけで、デプロイ前にはそれをしたかったんですが……これまでエラーが出て上手く行かなかったんですね。それがようやく解決出来ましたというお話。

続きを読む

【メモ】vue-chartjs を入れて「[Vue warn]: Invalid prop: type check failed for prop “chartData”」が出る場合の対処方法【#np2020】

グラフを描くJavaScriptライブラリとして最近人気なのが「Chart.js」というやつらしいです。このサイトでもいくつかグラフを作っていますが、いまだにFlashを利用していていい加減切り替えたいと思ってテスト中です。

続きを読む

JavaScript エラー「Uncaught SyntaxError: Unexpected end of input」への対応

記録されたエラーは下記の通り。

"message": "Uncaught SyntaxError: Unexpected end of input",
"file": "",
"lineNo": 1,
"colNo": 158,
"stack": "SyntaxError: Unexpected end of input",
"user_agent": "Mozilla/5.0 (Linux; Android 7.1.1; OPPO A79; Build/N6F26Q; wv) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/46.0.2490.92 Mobile Safari/537.36 SogouMSE,SogouMobileBrowser/5.6.0"
このエラーは一般的にはコーディングのミスで発生するものです。例えば閉じ括弧を付け忘れたとか。 Uncaught SyntaxError: Unexpected end of inputというエラー でもこのエラーは長く安定して動いている(はずの)スクリプトで生じていて、十分にチェックしてもそのての文法ミスは見つかりません。しかも毎回記録されるわけではなく、何か特定の条件が重なったときにだけ記録されるようです。もし閉じ括弧の付け忘れなら、毎回エラーが記録されるはず。 致命的な問題にはなっていなさそうだけれど、気持ち悪いので調査を続けたところこんな情報が。

analog_MultiMeter: JSON.parseでハマった

原因 ChromeのJSON.parseは、空文字が入るとおかしなことになるらしい。 JSでは空文字列はfalse性を持つので、上記の対策で通るという事。 そのエラー発生は良いとしても、JSON.parse()のエラーでなくてEnd of Inputなんてわかりづらいエラー、それもHTMLの1行目なんかに出るのが悲しい。

なるほど。 ChromeのJSON.parse()に空文字を入れるとエラーになると。エラーログからでは具体的にどのJavaScriptファイルでエラーが出ているのかわからないし、そもそも1行目のエラーとなっていて問題の特定が難しかったけれど、幸いサイト内で「JSON.parse()」を使っている部分は限られていたので、そこを改修。 もともと発生頻度の低いエラーなのでこれで効果があるかどうかは不明だが、しばらく様子を見たいと思います。 ちなみに僕が見た環境での「JSON.parse()」は、こんな感じで使われていました。
function (error) {
var obj_error = JSON.parse(error);
}
どこかで生じたエラーをキャッチしてエラー処理を行う的な感じの部分。errorはエラーメッセージを格納するようでPHPとの連携がある部分なんですが、コードを追っていくとどうやら、一部の古いコードで例外は投げるがエラーメッセージは投げない、という処理がなされている模様。それがJavaScript側に渡され、空のerrorが作られ、それを JSON.parse() しようとしてエラーが出る……みたいな流れ。 そう考えると悪いのはPHPのコードの方なんじゃないのという気もしないでもないけど、だとしても空文字に対する処理は必要だし。とりあえず解決したっぽくて良かった。

続きを読む