なりましたってさ。


相変わらず僕自身の中の僕は変わっていないんですけど、周りの目がそういうものとして見てくるのがちょっと居心地悪いですね。新しく入って来た大学生バイトだって、割と距離取って接しますもんね。当たり前か。もうちょっと距離詰めてもらっても良いよと思ってるけど、そんなもんだろう。仕方ないね。自分が20歳の頃の42歳なんて、ほぼほぼ父親だからなあ。印象で兄貴的な感じがあったとしても、おっさんに変わりはないしな。せめて今以上に太らないようにはしよう。


体力的な面で言うと、去年より今年の方がランニングのタイムは伸びている(筋持久力はあまり変わらないけどスプリント能力が上がった)し、アマチュアレベルではまだまだ伸びしろあるよねって感じです。色んな人のレポートを読んでも50代になってサブスリー達成したという人もいるし、僕はそこまでは行けないにしても、50歳までにサブ3.5ぐらいまで行けたら良いなあと思っているし、行けると思っています。

ただまあ……エネルギー容量は増えたとしても、それに対する補充、つまり回復力は確実に落ちてますね。運動してストレッチせずに酒飲んで寝るとかしたら、次の日確実に筋肉痛……ぐらいならいいけど、多分どこか痛めるし、疲労が抜けなくてしばらくパフォーマンス落ちるし、ケアには気を遣わないといけない。それが煩わしくて、年取ったなーとは思います。それもしょうがないけどね。

もうすぐ京都マラソン2019ですが、去年の記録を上回れるように万全の準備をして臨みたいですね。出来るかなあ。


そんなこんなで、今年も元気に生きていきましょう。


そういえば、去年に引き続き厄の話

去年が本厄で今年が後厄らしいですが、まあ、全く何もしてません。いつも行っている美容院のオーナーさんも「厄払いに行ったらそれから何もない」って言ってたけど、基本的にはメンタル的な話ですよね。それで安心できるなら値段は関係ないのかも知れないけど、1年に3回厄払いは面倒すぎる。

やっぱりねえ、厄って言うのは経験則に基づく様々なトラブルが起きやすい歳のことだと思うんですよね。共有知的な。なんで、避けようと思っても避けられないものだと思うんですよ。経験則がお祓いなんかでちゃらになっちゃったら、統計は成り立たないわけでね。神霊的なものを一切信じないというわけでは全然ないけれど、それが経験則ならばそれを受け止めた上でどうしようかという風に僕は考えたい。

まあ……厄払いは日本だけじゃなく全世界にあるものなので、人類的に見て僕の方が変わってるってことかも知れませんけどね。ただ、昔から厄年とか関係なくいろいろ怪我したり、トラブルに巻き込まれたりしてきた結果、なんなら毎年お祓いした方がいいんじゃねとすら思ってるので、厄なんかほんとどうでも良いんです。初詣は割と真面目に拝んでるんですが、自分なりにそういう意味合いなのかも知れません。知らんけど。



過去の誕生日

41歳になりました。(2018年) | mutter
40歳になりました。(2017年) | mutter
39歳になりました。(2016年) | mutter
38歳になりましたよよ。 | mutter
37歳になりました。 | mutter
俺、36歳になったってよ。 | mutter
35歳になりました。 | mutter
34歳になったようです。 | mutter
33歳になりました。 | mutter
32歳になりました。 | mutter
ヒゲトリマーを貰ったよ。 | mutter
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories