【今日のニュースから】「平成台」完売

改元にギリギリ間に合った 分譲宅地「平成台」完売にめど : 京都新聞

今月末で幕を閉じる「平成」の名を冠した京都府南丹市園部町小山東町の市分譲宅地「平成台」に完売のめどが立った。JR園部駅から徒歩5分の好立地ながらも長い不況で販売不振が続き、分譲開始から20年以上の歳月が流れたが、市は改元を前にした完売のめどに胸をなで下ろしている。



分譲開始は1997年(平成9年)ということなので、計画が持ち上がった当時は平成が終わるなんて考えもしなかったんでしょうね。21年掛かったとは言え無事完売出来たようで何よりです。


改元にギリギリ間に合った 分譲宅地「平成台」完売にめど : 京都新聞

一方で、10年にはJR山陰線の京都―園部駅間の複線化が完了。13年には京都第二外環状道路(沓掛―大山崎インターチェンジ)が開通し、都市部へのアクセスが向上した。

 市は販売や宣伝担当の職員を配置して、「京都市内(二条駅)まで快速電車で31分」とアクセスの良さをPR。



マジッスか。超近いじゃないの。感覚的には草津より少し近い(南草津ぐらい)。でもそんなこと言って電車の本数ないんでしょう?と思って調べてみると、たしかに昼間は1時間に2本しかないけれど、快速電車が6時台に1本、7時台に4本。まあそれなら出勤には問題ないか。終電は二条駅0時14分発で園部着は0時52分。え、そんな遅くまであるの。便利じゃん(ただし乗り過ごしたら詰む)。

園部駅│時刻表:JRおでかけネット
二条駅│時刻表:JRおでかけネット

一般道で移動する場合は36km。通勤時間帯だし自動車なら1時間ぐらい?自転車だったらロードなら片道1時間半ぐらいか。夜は超怖いと思うけど。


近年急速にアクセスが良くなったからではあるけれど、案外遠くないんですね。ちょっとびっくりした。園部町なんて北の果てだと思ってました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク