いい加減にそんなに頑張って使わなくても良いと思うんだ

なんでしょうかね貧乏性と言うんですか、古いHDDってなかなか捨てられないんですよね。自宅PCにはなんだかんだで4台のHDDが繋がってますが、別に容量が大きいとかそう言うんじゃなくて単に捨てられないから刺さってるという。構成はこんな感じ。

  • 80GB/HDD
    • → Cドライブ(25GB/起動ドライブ)
    • → Dドライブ(50GB/リカバリー用)
  • 1TB/HDD → Eドライブ(My Documents)
  • 250GB/HDD → Fドライブ(Webデータ)
  • 250GB/HDD → Gドライブ(バックアップ)

Cドライブが小さいのは良いんですよ別に。これにはOS再インストールを簡単にしたい(HDDフォーマットの時間を短く影響を小さくしたい)という意図があるので。でも他の3ドライブには特に意図は無いんですよね…単純にこれまで使ってきたHDDに役割を与えて使い回しているだけです。「モノを大事にする」という視点で言うとまぁそれは正しいんですが、一方でこういう現状もあるわけです…


週末アキバ特価リポート:2TバイトHDDが7000円台……6000円台!? (1/2) - ITmedia +D PC USER

ウェスタンデジタルの2TバイトHDD「WD Caviar Green WD20EARX」で、価格は7980円。40台限定ながら、SATA 3.0接続の現行モデルが8000円切りで購入できる貴重なチャンスとなっている。同店は「一時期に比べるとHDDの価格も安定してきましたが、通常はここまでの値段は無理です。かなりレアなセールだと思いますよ」と話していた。

 一方、型落ちやSATA 2.0タイプなら、2Tバイトクラスでもより安く買えるかもしれない。クレバリー秋葉原店は旧タイプの大容量HDDを特価放出しており、週末までにほとんど売り切っていた。しかし、一部のモデルは大型連休を前に近日の再入荷を予定しているという。入荷次第開始するというセールのPOPには、SATA 2.0接続の「WD Caviar Green WD20EARS(-00MVWB0)」の値が6250円と書かれていた。



7000円台はアキバの特価だから相場では無いにしても、価格.comで見る限り日立2TBで12,000円前後。それなら十分気軽に買える値段。例えば2TBを1台買って集約した方が電気代的にも優しいし、やたらたくさんHDD積むよりはエアフロー的にも良い。ドライブを分けたければ別にパーティション切ればいいわけだし。

というわけで、そうしようと思って幾星霜。
結局なんかもったいなく出来ない。
しかも使わなくなった60GBとかいう微妙なHDDもなかなか捨てられない始末。

ぐぬぬ。


そろそろSSDでも良いんじゃない?コストも性能も信頼度も。

OS用ドライブは低容量を維持したいというのであれば、SSDという選択肢もあり。こちらも価格.comで見てみるとインテルSSD60GBで8,000円切り。80GBでも12,000円。起動速度の大幅上昇も見込めるし悪いことは特にない。

例えばこんな感じになるかー

  • 60GB/SSD → Cドライブ
  • 2TB/HDD → D/E/F/Gドライブ

ああ…これだったら筐体内の取り回しもシンプルになるしエアフローも改善するし凄い良い…



そういやWindows XPもそろそろしんどいよなぁ

でもここまでやるんだったら、そろそろOS変えたいよなぁという気も。今現在はWindows XPだからHDDも2TBまでしか使えない(正確には2TBごとにパーティション切れば4TBでも使えるけど)わけで、そいつを思いきってWindows 7 Professional(DSP版で14,000円前後)にしちゃった上で、メモリも16GB乗せて(8,000円前後)、うひょーーーーってしたい…などと夢が広がりんぐ。

まぁでも自宅のPCでそこまで高性能を使い倒す事ってあるの?と考えると、いや正直全くなくて、(´・ω・`)ショボーンな感じ。少なくともメモリ16GBに用はない…いや、「とにかく性能の良いPCを作りたい」というのが目的にあって使い道は特に考えてないんでこうなるんだけども。客観的に考えればそんなの全然合理的じゃないってことはよく解ってるんだけども、PC自作が好きになっちゃうとこういう思いは止められないよなぁ。それ自体が好きなんだもん。



んで、結論。

ま、それはそれとして、資金的な意味で手持ちがないのでこの計画は結局また妄想止まり。


今年は一眼レフを新調したいしなぁ。
多分D7000になると思うけど、90,000円前後の出費は覚悟せねば……