ある程度どうでも良いサイトの場合、パスワードを保存するリスクより利便性の方が上回るので、
結構積極的に保存してたりするんですが、サイトによっては保存できない設定になっている場合があります。

例えば…アフリエイトのMicroAd。

BTパートナー|行動ターゲティング,ブログ広告,リターゲティングのマイクロアド

左上にログインフォームがありますが、ここで入力したパスワードは保存されません。
(保存しますか?と聞かれない)

パスワードを保存するには

グーグルで検索するとパスワード保存システムをカスタマイズ方法が色々と見つかりますが、

すぬすけのつぶやき: 【Firefox】パスワードを保存できないサイトでパスワードを保存する
PC雑記帳 - Firefoxで一部のサイトの保存できないパスワードを保存できるようにする

別にそんなことをする必要はありません。
だいたい、1つのサイトに例外を設けるためだけにパスワードを保存できない機能を停止する必要がありません。

どうするか?

保存したいサイト用のGreasemonkeyを書けばそれで終わりです。


例: MicroAd用のGreasemonkey


中身はシンプルで、formに設定されている「autocomplete」を有効にしているだけです。
これでログインすれば、パスワードを保存するかどうか聞いてくるようになりますし、
次にログインするときに自動的に入力されるようになります。


そんなの面倒くさいという人向け

とはいえ、サイト毎に同じようなコードを書いて回るのは面倒くさい。
そう言う人向けには、「autocomplete」全部を有効にするGreasemonkeyがあるようです。

Enable Autocomplete & Remember Passwords for Greasemonkey

ソースを読むと、ページ内の「autocomplete」が付いた要素を拾ってきて有効にしているというシンプルなもの。
で、どのサイトで動かすかは、「@include」で設定するというしくみ。
全要素を読むみたいなので遅くならないのか心配ではありますが、別にへんてこなことはして内っぽい。

なるほど確かにこれは合理的。
必要な人はこれを入れてみても良いんじゃないでしょうか。



注意

パスワードを保存させないのは、保存することにリスクがあるとサービス側が判断した上での措置なので、
それを回避することで一定のリスクが生じる可能性があります。
というわけでなんでもかんでも保存するようにするのはオススメしません。

てかまぁそれいうなら、大事なパスワードを保存すべきじゃないですけどね。