Fresh Readerの最新版、2.1.09101500が公開されました。

その手の方には重要なニュースなんですが、、、すいません遅くなりまして。

ようやく ioncube がビミョーに PHP 5.3 に対応しはじめ、そしてその後の状況を粘り強く見守っていたのですが(なぜなら虫食いでしか対応してくれないから)、残念ながらアップデートの気配もないのでしびれを切らして

Linux プラットフォーム限定で

フレッシュリーダーの PHP 5.3 対応版を公開しました。
 


でもって、以前問い合わせて「次直します」っていうお返事をいただいていた件が修正されました。

不具合修正

* flash コンテンツのパラメータが欠落することにより、正しく再生できない flash コンテンツがある問題を修正しました。
 


これだけ読むとなんのこっちゃ?ということなんだけども、なんのときだっけ、Tech CrunchがRSS内にustreamの外部プレイヤー含めて配信してたんですね。

ustreamの外部プレイヤーは前はデフォルトが自動再生オフだったんですが、仕様変更があって自動再生オンがデフォルト、オフにしたいときはオプションで設定するように変わったのね。普通にブログに貼る分にはそれで問題ないんだけど、Fresh ReaderはHTMLを描画する際にそのオプションを省略して書き出していたので、全てが自動再生されてしまって(前回のバージョンアップでFlash再生に対応した影響)。

RSSリーダー開いただけなのに10個くらいの音声が一斉に聞こえてきて(しかも全部英語)、何らかの攻撃を受けたのかと思ってビックリ(苦笑)原因を突き止めるのに暫く掛かりました。

対応、ありがとうございました!