ウェブサービスを使ってて、結構簡単にユニークユーザの数字を読んじゃってるけど、
あれって案外凄い数字なのな。
ちょっと身近な数字に置き換えて考えてみる。


例えばニコニコ動画の場合、1日のユニークユーザは230万人。

【コラム】真ん中に、ニコニコ動画。‐ニコニコニュース
1日の訪問者数(ユニークユーザー)は230万人

なんと230万人!!!! 東京ドームの入場者数が46,314人なので、ニコニコ動画には毎日東京ドーム50杯分の人が来ているということになりますね。そんなにたくさんの人が毎日押し寄せてくる姿を想像するとちょっと腰が引けますね。

2008年11月1日の人口推計が1億2,770万人なので、人口から考えると、
全人口の1.8%がニコニコ動画に毎日アクセスしていることになりますな。
日本の全人口の1.8%、50人に1人ははニコ厨です。本当にありg(ry
(まぁ、2日に1回が2人かもしれないけど平均として見てみるとね)


さらに人口ってのは老人とか赤ん坊も含めた数字なわけで、
きちんと考えるんであればインターネットユーザー数から考えた方が正確。

というわけで総務省からその辺の統計を引っ張ってきてみると、

分野別データ:通信:インターネット

平成17年末のPCからアクセスするインターネットユーザーは6,601万人。
少し古いデータなので今は若干増えてるかもしれないけど、
それを加味しても7,000万人強ってところか。

それで考えると、ニコ厨の割合は全ネットユーザーの3.29%ってことになる。
ざっくり言って30人に1人はニコ厨です。本当にあr(ry
まぁニコニコ動画の場合はそうなんだけど、
別にニコニコ動画の分析をしたいわけじゃなくて、
それぞれのブログやサイトについて考えてみると案外大きな数字だなぁと。


例えば…1日のユニークユーザーが10万人というサービスの場合でも、
日本人の600人に1人はアクセスしてるってことになる。
600人て…多いか少ないかでいえば…、多いんじゃないかなぁ。
京都市だけで1000人強いることになる(全人口におけるネットユーザー数で補正)。

これがもし店舗だったとしたら、
地方都市の支店の1日の来店数が毎日1,000人って余裕で大儲け出来るレベルだよな。
あり得ないくらいのスケール。
(もちろん規模にもよるけど、モールとかじゃなく1店舗と考えた場合)



自分のブログで考えると1日せいぜい1,000人くらいなんだけど、
6万人に1人くらいの割合で毎日アクセスされてることになる。

…正直微妙な数字だけど(苦笑)、

でも日本全国どこに行っても、
そこに何人かは僕のブログを毎日訪れる人がいる(札幌市なら30人とか)と考えると、
なんか意外に存在感のある数字に思えてくる。
(毎日じゃなければもっといるわけだしね)



…無理がある?

んーそうだなぁ、こうやってデータ揃えて書き下ろしてみると、
いやまぁ別に6万人に1人だからってどうなのよって感じではあるなぁ。
ただモニターの向こうにどれくらいの人がいるかってのは、
数字を見てもあんまり実感沸かないんでね…

ふと、この事実に気付いたときに、WEBの数字って意外とスゲーとか思ったんだよね。

リアルに客を呼ぶって結構大変だからさー