知る人ぞ知る、tinycafeことYokoさんが、はてなに帰ってきていましたが。

まぁ、彼女?のこれまでとか、これからとかはともかくとして、
彼女の行動を通してすげーなーと思うのは、
日記サービスとか、“ホームページ”サービスって、
本当に無数にあるんだなってこと。


Yokoさんは、
どこかで日記を始めて、
(傍観者からすると、誰かの悪意と言うよりも自らの暴言がきっかけで)
ブログ(または日記)が炎上、他のサイトへ引っ越すということを、
何度も繰り返しているのだけど、
そのたびにいろんなサービスを見つけてくるって言う。

まぁそれで、それぞれにおいて、
そのサービスの特徴(はてなならはてな、Yahoo!ブログならYahoo!ブログ)に合わせて
トラブルになるんだけど。


僕は、プロフがあって、日記があって、掲示板があって、
そういうのを全部面倒見ますよ、とかいうサービスが便利とも思わないので、
他にどんなサービスがあるかよくしらんのだけど、
良いこと、悪いこと、好き嫌いとは別にして、
彼女のそういうのは結構凄いと思う。
僕なんかそんなんどうでもいいもんなー


まぁそれだけ、いろんなサービスが出ては消えしてるんだろう。
あ、残して置いてもそれほどコストがかからんから放置してるとかもあるか。
いい加減、飽和してると思うんだけど、
特に特徴追加するでもなく、新サービスは次々に出てるんだよなー

その辺の開発者の神経が、僕にはよく分からんけど。
作ってみたいっていう知的好奇心なのかな。