断食の際、最も注意しなくてはいけないのは、いわゆる『復食』。
何日間も食べなかった内臓を、徐々に慣らしていく作業。
そこで急激な負担を掛けると、最悪、命にかかわる(らしい)ので、
毎回その時期は緊張するわけですが、と同時に、
人生でお粥が美味しく感じられる瞬間TOP3に確実に入るのも、この時期。

そうして、実際に物を食わなかった期間の半分?同じ期間の間、
お粥を食べて、体を慣らす時期を復食と呼ぶわけですが、
それが、昨日の夜をもって完全に終了、ということになりました。
もちろん様子見ながらですが、今朝、蕎麦食ってもコレと言って何もなかったんで、
ま、大丈夫だな、ってことで。


不思議なんだけどさー。

断食期間中、あんなに、味の濃い食べ物とか、脂っこい食べ物とか食べたくなってるのに、
復食期間を終えて、さ、何でも食えるぞって言って一番最初に食べたいものは、
けっして、ラーメンとか、ファーストフードとか、カツとか、親子丼とか、そう言うのじゃないんだよなー

元々蕎麦好きってのもあるけど、最初に食べたかったのは、ざる蕎麦でありました。
今は、豆腐と、納豆が食いたい。
あと、魚…特に、刺身か寿司、ヒカリモノ食いたい。

別に極端な食事制限をしいてるわけじゃないんで、
そのうちラーメンも食べると思うけど、今はそんな感じ。

味覚の再起動に近いのかもなぁ、と思う。

ちなみに、体重の方は、実施前後で随分と減りました。
去年の年末、ストレスと、諦めとで食い過ぎてた(人生で最も重かった)時期に比べると…
7kgくらい落ちてますね。
とはいえね、単純に、文字通り『身を削った』だけなんで、痩せたわけじゃありませんね。
骨とか、筋肉とか、食べないことで悪影響も出てるだろうしね。

しばらく、増強に励みたいと思います。いえー。