土用丑 2006

土用丑と言えば、鰻。
江戸時代に、平賀源内が広めたと言われていますが、
鰻自体はスタミナ食として、古くから食べられていたみたいですね。

参考:土用の丑の日 - Wikipedia


2006年の、土用丑は、7/23。

ということで、沖縄から帰って来たその日に、鰻を食べましたよ。
鰻は、鰻屋…じゃなくて、実家から送られてきた、浜名湖産の養殖もの。
身が厚くて、解凍しても柔らかく、たいそう美味しくいただきました。

やっぱり鰻は良いですね。


それはそうと、実は今年は、『土用丑』が、2回あるんです。
1回目を一の丑、2回目を二の丑と呼ぶらしいんですが、
今年の二の丑は、8/4(金)です。


もう一回鰻食えるなぁ?(そうなのか?)