最近の習慣:バナナをおやつに食べる

バナナの叩き売りのイラスト
最近、おやつとしてバナナを食べるのがマイブームです。


バナナと言えば一時期スーパーフードだなんてもてはやされていましたが、僕が食べている目的はそう言うのとはあんまり関係なくシンプルに「ミネラルを補給しやすいから」です。バナナはカリウムとマグネシウムを豊富に含んでいて(特にカリウム)、ミネラルバランスを調整してくれます。実際の話、カリウムは多くの食品に含まれているので不足することは少なく、尿で排出されるので過剰になることもないそうですが、この季節はとにかく異常に汗をかくので少しでもミネラルバランスを整えて筋肉への影響を小さくしたいというのがバナナを食べる目的です。とにかく夏は足のトラブルが多いので……

あとは高タンパクでありながらカロリーが低いというのもポイント。いや別に体を大きくするトレーニングをしているわけではありませんが、最近ずっと筋肉のトラブルが多かったのでその辺も少し気を遣っています。

バナナ(ばなな)の栄養価と効能:旬の果物百科



筋肉のケアをもっと考えるならカルシウムとマグネシウムも必要みたいですね。

「足がつる」を慢性化させない | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

マグネシウムはバナナでも摂取しているし、毎日納豆と味噌汁を食べているので多分十分、後はカルシウムか。我が家の食卓には基本的に乳製品が上らないので、小魚を食べるようにするか、個人的に牛乳をきちんと飲むようにするか。なるべくサプリメントには頼りたくないので、その辺で考えながら摂取していきたいと思います。




スポンサーリンク

スポンサーリンク