毎年この年にならないと思い出しませんが、
そうそう、京都某大学の毎年恒例の行事と言えば…折田先生像。
本物の銅像が工事の影響で撤去されてしまった後も、
『有志』による、創作物が、毎年学内のどこかに出現していました。
(学生部も認めはしないが警告を隅に貼るだけで事実上黙認のようだ)


そして…今年もキタ!


昨年も取り上げた、折田先生像関連行事を追跡調査中のサイト、
『折田先生を讃える会』によると、
2月に一度、模倣(既に銅像は撤去されてるのに模倣もへったくれもないが…苦笑)?と見られる
『折田大仏』が設置・破壊・撤去された後、
2月下旬に、永沢君が出現したらしい…!


偉大なる折田先生・その十


どうですか、この造形。
この色彩。
素晴らしい。
そしてコメントも、シュール。
主張しすぎない、味わい深さ。

もう折田先生と全く関係ないという気もしないではないけど(笑)


一度、見に行こうと思います。
(時間があれば)

ちなみに、大仏に関しては、
D.B.E遊撃隊さんのところに、破壊前の画像&レポートがアップされてます。

D.B.E遊撃隊 折田先生2006?折田大仏?

これはこれで良い出来。
破壊されたのは残念だけど、まぁしゃあないっす。
そもそも、それ覚悟でしょう。最初から。
だって、基本的には、『放置』なんだから。

参考リンク: