『ニュース』なんて言いつつも、結局いつも、ITMediaの焼き直し(または抜粋)に
なってるだけなような気がする…
でも一番、多くの本数のニュースが見やすく配置されてるサイトだと思うんだよね。
内容については、もっと専門的に突っ込んでるサイトもたくさんあるけど、
『ニュース』という、感覚を運ぶ少し薄目のもの、
それを紹介する上では、ちょうど良いバランスだと思う。

というわけで一通り言い訳したところで(苦笑)
今日もまずはITMediaから。


ITmedia +D モバイル:世界初「デュアルスライド携帯」も?会場で見かけた面白端末
北京で開催された「PT/Wireless&Networks Comm China 2005」(10月21日の記事参照)では、国内では見かけないような風変わりな端末も多く展示されていた。いくつか紹介しよう。

韓国、LG電子の、
『取り敢えず、何でもやってみよう』という精神に驚愕した。
上記記事を見てもらえばわかるけど、センスの善し悪しは別にして、
開く、回る、滑ると、
とにかく携帯が動く、動く。

日本でもスライド式の端末はいくつかあるけど、
それ以外はほぼ開閉式と言っていいと思う。
市場がそれを望んでいるんだから仕方はないけれども、
考えてみれば、確かにつまらない。
韓国のこれらの端末は、正直、デザイン的には、いろいろごてごてしすぎという感があって、
個人的には買うのは遠慮するけど、
でも、発想(発想の方向、と言う方が正確か)はこの上ない。

デュアルスライドなんて、そう言えば考えつかなかった。
ちょっといいかも。


では、もう一つ、携帯ネタ。

ITmedia +D モバイル:見た目も中身も“音楽プレーヤーらしさ”を追求──「803T」が生まれるまで
これまでも音楽携帯と銘打った端末が各種登場しているが、“見るからにコンパクトオーディオプレーヤー”というスタイルの「803T」(9月7日の記事参照)は異色の存在だ。ここまで思い切った形の音楽携帯を開発した意図はどこにあるのか。その背景や開発プロセスについて、東芝 モバイル国内営業第2部で主務を務める東懐子氏に聞いた。

正直、発表があったとき
んー、また色物出しちゃって、くらいにしか思わなかった。
流行りに乗って出してみたけど、中途半端なんじゃないの?と。

でも、レポート読んでみると、意外と…そうでもない。
個人的には、電池の持ちが悪くなると言う理由で、音楽携帯は『無し』なのだけど、
(一日に複数回充電とかありえへんし)
でも使い勝手としては、悪くなさそうだし、
どちらかというと、音楽の方にシフトがあるのかな?面白そう。

携帯は安易に複数台持つわけには行かないので、
携帯としてコレを選択するかどうかは別の話ではあるけれども、
思っていたよりは面白いものが出来たかもしれ無いなぁ。
少なくとも、持ってる友人がいても、色物好き、という感じでは見ずに、
へー良いなぁ、どうなん?くらいで接せられそうだ。


次は、一部で話題になってたんで、取り敢えず、取り上げてみる。

Web 2.0時代の新ブラウザ「Flock」登場--イケてるトレンドを網羅 - CNET Japan
米国時間21日、カリフォルニアを拠点とする少人数の開発チームが、Firefoxをベースにした最先端をゆくウェブブラウザを投入した。「Flock」と呼ばれるこのブラウザには、RSSフィード、ブログ、ソーシャルブックマーク、写真共有といった次世代ウェブ技術が統合されている。

新しいブラウザ、Flock。
Flockというと、どうしても、ファイルロックしか思いつかないわけだが、
このブラウザはFireFoxをベースにしたらしく、ポテンシャルとしては十分かと。

しかし、、、
一般受けするだろうか?
そこのところが僕にはよく解らない。
最近の技術の流れは、とにかくインターフェイスを統合、という向きに向かっている。
わざわざサイトを訪れたり、別のアプリケーションを起動させなくても、
一つのアプリケーションから、いろんなサービスにアクセスできますよ、というような。

この手の技術を絶賛する人は、エンジニアや、その他、
先端技術に触れているような人が多い、
言ってみれば、良いものを誰より先に見つけるアンテナを持つ人々なのだけども、
その絶賛内容と、大衆受けとが必ずしも一致しないのはよくあること。
(時代が…とかね)
特に、blogも書かず、Flickrも使わず、SNSもせず、ソーシャルブックマークも利用しない…
そんな人はメリットがなにひとつ無い、
そんなアプリケーションが増えているからだ。
万が一、そのうちの一つのサービスを利用していたとしても、
利便性はさほど向上しない…。

技術の絶賛は、それはそれで一つの評価として僕も認めるけれども、
必要か否か、ということはもっとシビアに返ってくると思う。
これらを通して、WEB2.0がより一般化するのであれば、
もちろん、喜ばしいことだけれども。


で。

気分を入れ替えて、恒例のコレ、いっときましょう。

ITmedia +D PCUPdate:“酒飲み専用”メモリ発売
ソリッドアライアンスは10月24日、酒ボトル型USBメモリ「ほうらいせん SAKE USB type 空」を発表、同日より同社通販サイト「SolidAlliance-Store」などにて発売を開始した。容量256Mバイトで価格は5250円(税込み)。

別に、ソリッドアライアンスのファンというわけではないんですけれども。
(実は一つも製品、持ってなかったりする)
それでもやっぱり気になる。
恒例の、
『USBコネクタにサンプルくっつけただけじゃん!』
というつっこみもあろうかと思いますが、
まぁまぁ、ここはひとつ、大目に見てやって下さいまし…


さ、あとは軽く。

ITmedia +D PCUPdate:HDD、メモリ容量を増やした「Let'snote W4 ハイエンドリミテッドモデル」
Let'snote W4ハイエンドリミテッドモデルは松下電器産業のPC直販サイト「マイレッツ倶楽部」で限定200台のみ販売される製品。11月1日から受注を開始し、製品の発送は12月中旬に行われる予定。

何でこれを取り上げているかというと、これが欲しい、とか凄い、とかではなく、
付属してくる、「本皮インナーバック」が、
日記みたいでオシャレだなぁ…と。
それだけ。


最後に。
コレは凄いですね。
綺麗。
自然って、不思議だなぁ。

フォトレポート:科学とアートが出会うとき - CNET Japan
Science Photo Libraryが後援する科学写真コンテスト「2005 Novartis and The Daily Telegraph Photographic Awards」において、2005年もたくさんのカラフルで美しい科学写真が表彰された。これは、植物の葉の表面に生えた星形の毛。この毛はトリコームと呼ばれ、昆虫から身を守ったり、必要な水分の吸収を助けたりする。