職場で使用していたマウス(私物)がもう相当に痛んできたので、
そのマウスは自宅のノートPC用に隠居させることにして、
仕事用には、新しくマウスを買うことにした。

そういうわけで、汗だくになりながらも、
仕事中に寺町までマウスを買いに。
ツールに関しては基本的に、フィーリングが合えばあんまり値段は関係ないんだけど、
(仮に1万円のマウスでもいいと思えば買う)
今回は、私物ではなく、会社の経費で買うので、値段も厳しく。

さらに、林淳(グラフィックデザイナー)の分も買うことになり、
結果的にMac OS9.1対応でないといけないことに。
これも、自分で買うんであれば、ジャンク品でも買って行って、ダメだったら、
あーダメだったなーまぁいいや、誰かにあげよう、
くらいで済むんだけど、会社の金となるとねぇ。さすがにそんないい加減な。

そういうわけで、Mac対応を唄っていて、なるべく安いもの、
で、出来ればワイヤレス、サイズは少し小さめ。
その希望を満たしたのが、タニヤマムセンで特売されていた、
SONYのワイヤレスマウス『SMU-WSM2』。


そこそこのデザインと、堅実な性能という感じで、
ウリは、無線の受信部分を、
受信ユニット(USB延長みたいなもの?)に接続することにより
机下のPCであっても、電波が遮断されずに快適に使用できること。
受信部分は、ユニットを使わなければ直接USB端子に接続可能だし、
おお、これ一つでデスクトップもノートもいける。

そしてお値段、2,980円。
ジャンクに比べれば高いけど、
(ジャンクワイヤレスで1,980円、ジャンクUSBで980円てところだ)
ちゃんとした製品でカツワイヤレス、
ということを考えると、お買い得だったかな、と。


まぁそういうわけで、ニューマウス。
スクロールホイールが微妙に遠くて、
人差し指と少し合わない部分もあるけど慣れかな。
それより、いままで、ラインを気にしてたところがあったので、もの凄い快適。

いい買い物したかも。