一昨日の夜は、SECOND ROYAL@KYOTO METRO、だったわけですが。


家でダラダラしてても暇なので、行くか、となって出掛けた『セカロイ』。
HALFBYこと、高橋孝博のリリースパーティだったんですが、
まぁなんていうか、相変わらずの楽しさというか。
なんでしょうかね、あのイベントってDJはDJで勝手に楽しんでて、
客はそれを『楽しそうだなぁ』って眺めてる、
ちょっと一風変わったイベントだよな。
面白いかどうかは、どれだけ内輪かで決まるような。
身内になったこともあって、
昔ほど『セカロイ』というイベントに対する評価は低くないのだけど、
(事実、楽しかったし)
まぁ、それは今回の主題ではなくて、

明らかに浮いてた2人の「わかもの」の話。

23時半頃メトロについて、
何となく友達と喋ったり、飲んだりしてたんだけど、
どーも、目に付くヤツがいる。
特に楽しんでる風もなく、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり。
女の子と喋っては、一人でテーブルに帰ってきて、ふてくされたように座り、
またすぐに歩き出して、ちょっと体を揺らす振りだけしてみて
カウンターに寄りかかる女の子達に話しかけて、
またテーブルに戻って…

ていうか、


必 死 だ な


格好悪かったなぁ…
や、ね。ナンパをするな、と言ってるわけではないんよ。
ただね、行動にセンスがない、と。
元々『セカロイ』のお客さんは、DJ目当て、友達目当てで来てるんで、
全然知らない男に必死に話しかけられても、
余計、引く。
まぁていうか、『セカロイ』じゃなくても微妙だけどね。
そういう男が好きな人種ももちろんいるだろうけれども…
メトロではあんまり見かけないな。
空気嫁、と。
そんなに広いクラブでもないし、そんなに客入ってたわけでもないし、
そういうヤツいると、激しく浮くんだよね。

心底、格好悪いと思ってしまった。
可哀想になるよ、あそこまで悲惨だと。


結局、誰にも相手にされず、イベントもひとっつも楽しめず、
1時くらいにお帰りになりました。
もう少し大人になってから来なさいね。
モテ方、間違ってるから。