きみのために はじめて うたを作ったんだ
少しずつ 少しずつ きみを思い出しながら 作ったんだ
きみが気に入ってくれるといいな きみが気に入ってくれるといいな

作りながら思ったんだ 僕はいままできみを 傷つけてばかりいた
どんなに美しい言葉で飾ったって きみに歌わせてきたのは
悲しみのメロディーでしかなかったんだって
きみが許してくれるといいな きみが許してくれるといいな

なんでいま歌う気持ちが すなおに伝えられなかったんだろう
あふれだす心のシーン 夜更けに笑いあった silly Joke
きみじゃなきゃだめなのに
きみを抱きしめた強さが そのまま僕の強さになればいいのに
あの日胸に響いてた メロディーを2人歌ってた 心から歌えるうただった
きみへのうた きみへのうた

もしもこのうたが きみにとどいたら 僕の声はどんな風に
きみのなかで響くんだろうか
季節はずれの 波の音みたいに ただなつかしく ただとおく
響くんだろうか それでもいい
きみが笑ってくれればいいんだ 君が笑ってくれればいいんだ

なんで いまごろになって こんな気持ちで 僕は歌うんだろう
真夏の陽射しの夢も 奇跡のような星空も 過ぎ去ってしまったのに
きみがくれた笑顔が そのまま僕の優しさになっていたころ
きみは知っていたんだね 僕もきっとわかってたんだろう
もう二度と歌えないうただって

いつか このうたが僕らの心に もう一度 舞い降りてきたとき
きみは何処にいるんだろう 僕を思い出しているのか
もうなにもわからないけど
きみを抱きしめた強さが たしかに僕の思いそのものだったこと
どれだけ時がたっても きっとそれだけは忘れない 心から歌えるうただった
きみへのうた きみへのうた