マナーと知識。

たまに拝見しているブログに、 【匠のデジタル工房・玄人専科】というサイトがあるんだけれども、 そこで、素人の知識のなさから来る見当違いな思いこみや、 (何処へ行くときでも望遠+三脚で済ませようとする、など) 一部の写真愛好家達のマナーの悪さが何度か指摘されている。 (旅の恥は何とやらという横柄な態度、自分中心な態度) なんとなく、わからんでもない。 写真を撮るということは、目の前の物をプリントに流し込む作業ではないな、と 改めて感じる。 学生の頃、京都の時代祭に参加しているときに(馬の世話役)、 目の前で長いレンズを向ける人、フラッシュをたく人、 要求してくる人、無造作に顔に触る人… 良いレンズ(大体、F4とか+望遠の白レンズ)持ってても 人間はダメだな、と思ったものだ(全員がそうではないけど) フラッシュなどたいて、誰かが蹴られても僕は責任などとれない。 マナー、に関しては写真に限ったことでもないけどね。 このサイトを読んでいて痛感するのは、自分の知識の無さ。 正確に言うと、意図して写真を撮るという作業を、長い間さぼってきてる、と言うこと。 昔はそれなりに勉強し、実践し、試行錯誤を繰り返していたものだが、 少し前にデジカメに移行してから、 何も考えずにただシャッターを切る、というようになってしまった。 それはそれで、悪いことばかりではないんだけれども、 そこに意図はあるのか、と言えば、かなり少ないと言えるし、 上手く撮れないときには自分の知識ではなく、 デジカメの性能や設定のことをあげるようになってしまう。 良い写真が撮れる可能性がいくらでもあるのに、なんてもったいない。 で、今回一眼レフに持ち替えて、 改めてレンズの選択が出来るようになったんだけれども… やっぱりね、難しい。 そんなに選択肢がないというのもあるけど、 迷った結果、『ま、標準ズームでいいや』みたいな。 モードは、絞り優先と、シャッター速度優先を切り替えて使うようにしてるけど、 面倒になると、オートモードで…。 意図した通りに行動したい、 むしろ、自分の行動をデザインしたいというのは、 昔からある衝動なのだけれども、 表現活動に対してこんな風に接してたら、あかんよな。 反省した次第。 そうそう、このサイト、もちろん小難しい技術論や、苦言ばかりではなく、 初心者には初心者向けの、中級者、上級者にはそれぞれ向けの知識も豊富にあり、 また、筆者さんのウィットに富んだ書きっぷりがなかなか面白い。 結構長い間、購読してるんだけど、紹介するの忘れてました。(超有名サイトだし) よろしければ是非。 【匠のデジタル工房・玄人専科】

続きを読む

69TRACKS GALLERY 最後の更新を開始しました。

恐らく、あまりに多くの伝説が打ち立てられすぎて、未だ話題がまとまらないであろう、

“THE FINAL”
その様子を少しでも再現できれば… 1人でこっそりと見るもよし、友達と見るも良し。 ショットガンが恋しくなるも良し…。 そんな感じで、それぞれに楽しんでもらえたら。 少し量が多いので、暫く不定期連載という感じで続くと思います。 暫くおつきあい下さいませ…。 -—————————————
COPYRIGHTS;
PHOTOGRAPHER: is / Kondo MODELS: 69TRACKS FANATICS PLACE: KYOTO CLUB METRO -—————————————
※著作権はカメラマンに、肖像権はKYOTO CLUB METROおよび写っている人々に所属しています。
二次利用の際には十分にご注意下さい。

続きを読む

こっそり言い訳でも。

69tracks Gallery、 FINALまでにすべてアップできたーーーッ! と思ってたら… 探したら、2005/6と、2005/8の写真が出てきた… しかも、8月の分は、途中からカメラが壊れたのがはっきり分かるほど ピントがすっ飛んでる(汗) せっかくみんなで撮った写真もなぁ…なんてこったい。 (もったいないので、サイズを少し小さめにしてアップしました) まぁ何にせよ、こっそり追加しておきました。 近日中に、ファイナルの写真もアップする予定。 コンちゃんから別アングルの写真もたくさん(60枚弱)もらったし、 かなり充実の内容になりそうな予感。 しばし、お待ちを。

続きを読む

デジカメ買っちゃった!

フッフッフ。 2年使ってきたデジカメが、69tracksラス2 with JerryRocketsで壊れまして。 まぁ、結構ショックだったんだけど(和歌山でも役に立たなかったし)、 むしろこれを前向きに考えることにして、 そうか、これはそういう機会が訪れたってコトだな! てわけで、デジタル一眼買いました☆ こんな感じ↓ ニコンのエントリーモデルの上位機種、その最新機種はD70sで、 京都での実売はレンズセットが129,800円、ボディのみで99,800円。 諸々入れるとちょっと予算オーバー。 うーむ…と悩んでたら、 カメラのナニワの展示品処分コーナーに、一つ前の型『D70』を発見。 レンズセットで89,800円。 これだ!というわけで、即決。 レンズはあんまり大したこと無いけど、それは別途、買えばいいから。 昔のレンズも使えるかもしれないし(旧いから微妙だけど)、 元々、使えるレンズが付いてくるとは思ってないし。 家に帰って、とりあえずセットしてシャッター切ってみたんだけど… うわ!いいね!このフィーリング。 重いのは玉に瑕だけど、それが嫌なら、コンパクトカメラ買えばいいんで。 むしろ今時なら、携帯で十分(携帯のカメラって、相当良いよ。 保持しにくいのと、データのやりとりが面倒なのを除けば申し分ない)、 カンケーないね。 やー良い買い物した。撮りまくるぞ、と。 唯一の不安は、69tracks FINAL…(酔ったら、携帯に切り替えます…)

続きを読む

壁紙制作中。

NOBODY:PLACE 壁紙マニアのみなさん、こんにちは。 現在、69tracksギャラリーを鋭意編集中なわけですが、 その副産物として、何枚か壁紙を作成してます。 いつもながらの、イメージ+フレーズというシンプルな構成ですが、 よろしかったらどうぞ。 ギャラリーのどっかにあるから探してみてください… …といってもわかるわけないので、 現在のところの壁紙をリンクしておきます。 (すべて、1024*768のワンサイズのみです) DEDICATED TO MY FRIENDS.[ 2003-09 ] CONTROLS OF YOUR LIFE.[ 2003-09 ] PHOTOGRAPHS MADE THE PARTY SEEM REAL.[ 2003-08 ] FOREVER IN YOUR MIND.[ 2003-07 ] MUSIC LOVE AND CRAZY.[ 2003-07 ]

続きを読む

PHOTO: sakura

先週の土曜日(9日)、桜の写真を撮りに出掛けてきたんですが。 なかなか綺麗に撮れてたので、つい、仕事にも使ってしまいました(苦笑) あんまりここで職場の話をするとアレなので、 気になる方はチェックしてみてください。昼、夜バージョンともなかなかです。

続きを読む

Number PLUS: The Pictured Emotions from 1980 to 2005

3/17(木)に、Numberの増刊号、NumberPLUSが発売された。 これは大体2ヶ月に1回発行されているのだけど、 今回のテーマは、創刊25周年を迎えたNumberの、写真傑作選。 その写真のタイトルが小さく載せられている以外、 全く言葉の説明はなく、圧倒的に写真を見せる、まさに写真集。 数ページ毎に、ライターによる解説が少しずつ加えられている。 まだ全部は見てないけど、 これは永久保存版と言っていいんじゃないだろうか? 序文の後藤正治さんの文章も泣かせる。 興味のある方は一度立ち読み程度にでも。 860円でこの1冊は正直、安すぎると思いますよ。 25周年傑作写真選 – Sports Graphic Number plus

続きを読む

Photograph

カメラを持つようになってから、まだ、ほんの5年くらいしか経っていない。依然、知識も腕も機材も貧弱なままだ。 カメラを持つきっかけになったのは、すごく不純なことだが好きな女の子ができたことだ(でも周りを見るとそういう動機をしている人間も多いような気もするのだけど?)。その好きな女の子を、変な意味ではなくて、写真に撮りたかった、可愛い女の子を、可愛く撮りたかった。同時に、自分の周りにいる全ての人、そして自分のすべてだった愛馬、そうした物に目は向けられていた。だから、僕の興味は風景写真などには向かなくて、ただひたすらポートレートだった。カメラに詳しい先輩にする質問も、大概ポートレートに偏っていたし、その先輩にもらった本も、ポートレートの部分だけを熱心に読んでいた記憶がある。 僕にとってカメラとは、時間を切り取ることができる機械、だ。ビデオカメラのように全てをおさめるようなことではない、時間の流れの中のある一瞬を。でも、捉えるのが例え一瞬だったとしても、そこにはビデオカメラではおさめきれない動きがある、きっかけを作る、と言ってもいい、もし、全てを記憶に残すためであったなら、カメラより、ビデオカメラで全てを保存してしまえばいい、そうすれば、曖昧になることもなく、きちんと何十年でも残るだろう。でも、それでは、興醒めじゃないか?全てを見せることがベストじゃない、朝顔を一輪だけ残した千利休を比較に出すのはおこがましいが、でも、そういうことだと思う。 僕にとって今が全てであると同時に、過去も全てだ。未来は分からない。 僕はそのためだけに、時を切り取り続ける。 (2000.12.06)

続きを読む