エミネムの働き方と「無理してでも形にしないと形にならない」と僕らが勘違いしていること

エミネムの働き方がサラリーマンみたいだという話を見掛けました。




元記事はこちら。


Akon:エミネムは、まじで音楽活動を「仕事」のようにやっている人なんだ。今までそんなアーティストとは会ったことはない。彼は9時にスタジオに来て、13時に昼休憩を取り、17時ぴったりにスタジオを去る。俺が彼とコラボをしたとき、俺はてっきり午後のセッションになると思って18時にスタジオに行ったんだ。そしたら「エミネムはもう帰ったよ」と言われた。  

俺はエミネムに電話して「戻ってくるよね?」と聞いたら、彼は「いや今日はもう戻らないよ」と答えた。「え、冗談でしょ?」と聞いたら「マジ。明日9時にスタジオに行くから早起きしてきて」と言われたんだ。  

その次の朝、スタジオに行ったら、9時ピッタリにエミネムが来た。ビートを聞いたりしながら、ヴァイブスがいい感じになったと思ったら13時だ。彼は「昼飯食べにいくわ。Akonは食べないの?」と聞いてきた。俺は腹が減ってなかったから、そのままスタジオでサビをレコーディングした。  

ぴったり1時間の休憩を取り、彼はスタジオに戻ってきた。レコーディングをしたサビを聞かせ、彼がラップを入れる番になった。エミネムがレコーディングしはじめて、いい感じに半分ぐらい録れたところで彼は「17時になるからもう帰るわ」と言い始めたんだ。俺が「え、もうすぐで終わるけど、ラップのパート完成させないの?」と聞いたら、「いや、明日録る」と彼は答えた。その次の日、また朝9時にきて、彼はラップのパートを完成させた。

Akonがエミネムのスタジオでの様子について語る。「彼はサラリーマンのようなスケジュールで動いてる」 | HIP HOP DNA


アーティストであればスタジオにこもるのは当たり前……なんだけど、エミネムはラップパートの途中であっても17時になったら「仕事」を切り上げ、家に帰って娘と過ごして翌日9時に「出勤」、ラップパートを完成させる。労働者としては普通の感覚だけど(いや仕事の途中で切り上げて定時で帰るのは日本のサラリーマンには無理かも知れない)、それをアーティストがやるってすごいなと。


そう思ったんだけども。

本当に感慨を受けたのはエミネムの働き方そのものではなくて、それを受けて語ったAkonのこのセリフ。



Akon「別に何も変わらない」

俺はそれを聞いて、「確かに、それが正しいのかもな…」って思ったんだ。俺も製作中は3〜4日間ぐらい家に帰らなかったりするし、家族にも会わなかったりする。でも正直早く帰って、次の日にレコーディングしても別に何も変わらないんだ。今日やっても、明日やっても常に作り続けているなら、そんなに急ぐ必要もないんじゃないかな、と気がついたんだ。

Akonがエミネムのスタジオでの様子について語る。「彼はサラリーマンのようなスケジュールで動いてる」 | HIP HOP DNA


そうなのよね。


今日、今やらないとクオリティが著しく落ちてしまう、そんなことって殆どない。期日に間に合わないなど切迫した状況で残業していることもあるから、全ての時間外労働が無駄とは全く思わないけれど、でも中にはただ自分の「今日もやった感」のためだけに時間を延長していることってのもあるよね。キリがいいところまでやっておきたいとか、ノっている間に片付けたいとかさ。でも確かに毎日きちんとやっているのであれば、次の日に続きから初めても何も変わらないんだよね。むしろきちんと休息を取って続きをやれるのであればその方が逆に早く終わってクオリティが上がる。作業途中で切り上げるのは初めはモヤモヤするかも知れないけれど、明日も再開出来るのであれば大きな問題にはならないし、その方がいいのかも知れない。



作業量をコントロールした方が長く続けられる

仕事だけでなく趣味のこと、特に好きなことだと睡眠時間を削って遅くまでやってしまうこと、よくあるけれど、そんなことせず時間で区切って寝て、明日また続きをやった方がはるかに良いのかもしれない。好きでやってたとしても、無理を重ねるとその負担で嫌になってしまう(=ストレスになっている)ことってあるからなあ。1日の作業量をセーブしコントロールしながら長く続ける方が、高いクオリティの仕事が出来るかもなと。


なんかね、そうかもなあと思いましたよ。うん。





スポンサーリンク

スポンサーリンク