イチローはやっぱりかっこよかった【MLB】

イチロー 2019/09/15
9/15(日)(現地時間9/14)に行われたシアトル・マリナーズのホームゲームで、イチローのセレモニーが行われ、イチローが実質的な引退スピーチをしました。ウィットに富んだ掴みから、イチローの野球とチーム、ファン、家族への愛情が詰まったスピーチで、聞いているだけで胸が熱くなりました。



マリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏が14日(日本時間15日)、球団に貢献し、大きな功績を残した人物に贈られる「フランチャイズ・アチーブメント賞」の授賞式に出席。英語でスピーチを行った。  

現役選手に加えて、殿堂入りしている元同僚のエドガー・マルティネス氏、ケン・グリフィー・ジュニア氏らも見守る中で行われたスピーチ。イチロー氏は「とても緊張しています。ディー(ゴードン)、雄星(菊池)、今夜は泣くなよ」と冒頭にジョークを飛ばすと、約5分間に渡って英語で感謝の思いを伝えた。  

以下はスピーチ全文(日本語訳の後に英語の原文も掲載)。

「ディー、雄星、今夜は泣くなよ」 イチロー氏、約5分間の英語スピーチ全文 | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―


イチローのスピーチ全文和訳は上記フルカウントの記事で読んでいただくとして、テキストでは流暢に軽快にいつものイチロー節のように見えるけれど、実際のスピーチはとても緊張し用意してきた言葉を噛みしめるように日本訛りで伝えている様がとてもいじらしく、かつ、格好良くて、いやあ、ほんとにイチローはかっこいいなあと改めて思いました。



Now, let’s play baseball!

そんなイチローのスピーチはマリナーズのTwitterで見れます。日本語字幕はありませんが英語字幕が入ってるので、ある程度意味合いはつかめるんじゃないかと思います。
(難しい人は、フルカウント記事の日本語訳と見比べながら彼の表情を追ってみて下さい)




イチロー、今まで本当にありがとう。彼のプレーは本当に大好きだったなあ。



スポンサーリンク

スポンサーリンク