【自転車】パナレーサー「ツーキニスト」のタイヤ交換



長いことSCHWALBEの「MARATHON」を使ってきてはめるのに苦労してきたせいで逆に固いのが普通になってきました(まあクロスバイク用の「MARATHON」は最高に固いってわけでもないけど)。新しく履いたタイヤパナレーサー「ツーキニスト」もレビューではだいたい「固くてはめるのに苦労する」と言われてましたけど、うーんどうだろう。ロードだったら大変かも知れないけど、クロスバイクレベルだったらちゃんとしたタイヤレバーさえあれば大丈夫じゃなかろうか。


慣れた人なら普通にやってると思うけど固いタイヤをはめるコツは、バルブの反対側から手で出来るところまではめていってバルブ周辺のはまらないところは、

  1. バルブを真ん中にして両サイドにタイヤレバーを1本ずつ差す
  2. 両手で同時にレバーを持ち上げる

といった感じで無理なくはまるかと。
1カ所ずつはめようとすると多分大変です。


もちろんタイヤレバーにある程度の強度は必要ですが、今使っているパナレーサーのタイヤレバーで十分いけました。




折れそうな感じもなし。パナレーサーのタイヤレバーは細かい溝や出っ張りがはめるときにも外すときにも重宝するし、高いものでは無いので1セット持っておくと便利ですよね。


何回か挙げてますが、タイヤ交換の基本的な流れや失敗しないためのコツはこの動画が大変参考になります。これ見ながらやれば絶対失敗しない!と思う。検索するといろいろ出てくるけどこれが一番解りやすいし、シンプルでいい。先ほどの「固いタイヤのはめ方」もこの動画で実践されている方法です。







スポンサーリンク

スポンサーリンク