【近況】9/20付けで居酒屋を退職することになりました。





身近な人以外特に誰にも相談しなかったので、そういう話をしたときの周りの反応は割と「寝耳に水」という感じでしたが、僕自身にとっては1年ぐらい掛けて準備してきたことだったので「ようやく」という感じです。


その間、1人で何やってたかというと、

  • シフトを減らして自分の存在価値を徐々に希薄化させながら、代替の人材を用意せざるを得ない状況を作り出す
  • 代替の人材の指導やマニュアル整備を行って僕がいなくなった後の適正な着地点を提示する
  • 経済的な重心を無理がない範囲で他の仕事へと移していく

といった感じ。


アルバイトなんだから「じゃあ今週で辞めまーす」って言えばすぐ辞められたとは思うんだけど、5年間お世話になった同僚たちに対してそれもちょっとねということで、なるべくダメージが少ない形で辞めるようにしつつ、属人性を下げてクオリティを安定させるためにどうしたら良いかを示唆しておきました。彼らがこれをどう評価しどう活用出来るかは彼ら次第だけど。


で、そういったことを時間掛けて行ってきた結果、あとは社会保険さえ目途が立てばいつ辞めてもいいという状況になったのが6月ぐらい。辞めることにしたのが去年の8月下旬なので、たっぷり10ヶ月掛かりましたね。本当は3月に卒業する奴らを見送って翌月入社5年を理由にしれっと辞めようかと思っていたんですけど、ちょっと間に合わなかった。おかげで大学生の夏休み明け、僕自身の夏休み直前という中途半端なタイミングになってしまったけど、まあ大したことじゃないよな。

最後のBBQ | mutter
さあ、動こう。 | mutter





5年間で学んだこと

短い時間で効率的にクオリティの高い仕事をし続けるにはどういう準備をすればよいのか


最終的にこれに集約されていると思います。私生活や他の職場にフィードバックした場合、「そこまで準備しなくても」という目で見られることが多々あるのだけど、でもピークタイムには激戦地になる人気店の厨房では、必要な準備が欠ければ欠けるほど提供時間が延びたりクオリティが下がったりと、お客様の満足度に直結する影響が出ます。
(逆に言えば小さな準備の積み重ねがお客様の満足度を支えることになるとも言える)


そのためにベテラン社員から新人バイトまで「重要なのは何か?」を共有して動くことの大事さ、「準備が整った状態」に対する感度の高さ、他のスタッフの動向を察知するための視野の広さ、指示や報告の適切さ、スピード感、そうしたことを多く身につけることが出来ました。まあ僕が個人的な特質としてそういう仕事の捌き方に向いていたということもあるんだけれど。


現場における仕事は常に楽しかったし、楽しく働くことを志向する僕に料理長や他の大学生バイトが共感してくれたのも大きかった。良い職場だったなー。




居酒屋の会社運営は他山の石

一方で店を運営する会社組織については、残念に思うことの方が多かったですね。「昔からこうやってきた」だけで特に悪意があったわけではなかったのかも知れないけれど、それだけに反省もなくてどうしようもない感じ。社員の待遇が(現代の基準で見て)酷かったり、社長に対して何も言えない雰囲気があったり、非効率なことがはびこっていたり。改善すべきところは料理長を通じてやんわり仄めかしながら出来る範囲で変えようとしてきたけれど、でも全体を見ると変えられなかったことの方が多いなあ。


ダメな部分については何度も書いてきたから今さら具体的に書くことはしないけれど、間違ってはいけないのは、僕は正しいことも間違ったこともすべて含めて体験しに行っていたので、スタッフの待遇がいかに悪かったとしても「僕はこんな酷い扱いを受けました!」と言いたいわけではないということ。嫌なら辞めれば良いんでね。どちらかというと「どれぐらい酷いか見に行ってみた」→「ほんとに酷かった」みたいな感じかな。体験レポ的な。


もっと会社組織がちゃんとしてたら、もっと売上伸びて安定出来てると思うんですよね。すっごいもったいない。店のクオリティはちゃんとしてるんで。社長が社長なんで今さら変わることはないとは思うけどね。社長とは最後まで合わなかったなー。




支えてくれた人たちには感謝しかない

ともあれ、入った時点では3年で辞めるつもりだったのがいつの間にやら5年半に。2年半も延びちゃいました。その間には怪我したり病気したり、辞めたら食っていけなくなる状態だったり、様々事情はありましたけど、自分の将来がうっすら遠くに見えて来つつそこに至るまでの道程もなんとか描けそうになってきて、結果的にこれで良かったんだろうなと思っています。同居人のサポートと叱咤激励がなければ続けられなかったでしょうね。毎日ダブルヘッダーとかマジしんどいからなあ。良くやったよ、僕も。


それから毎度書いてるけど、受け入れて一緒に遊んでくれたみんなには本当に感謝しかない。入った時点で既に37歳だったというのに。「あー俺ってそういう人柄だったんだなー」って逆に自分が驚いているぐらい。色んなことを面白がれて楽しめて、周りも楽しませられる自分で良かったと心から思いました。本当にありがとう。たまたまだけど3日はほんとに最後のBBQになるなー。



さて、あと1ヶ月。

出社するのは全部であと6日しかないけど、最後まで楽しんで働こう。
最終出勤日は9/13(金)。泣きの延長とかありません。


やれやれ、寂しくなるなあ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク