クレジットカード24


大学生に限らず、「成人してすぐに作りました」「便利だし、結局どう使ってるかわかるのはこっち」という意見もあるし、「怖いから絶対に作らない」「自分がどれくらい使ってるか、全く解らなくなっちゃうんですよね」という意見もあって、実際のところどうなのよってことを思います。


あ、クレジットカードの話です。

自分では世の中みんなクレジットカード使ってて、現金持ち歩かないもんだと思ってたんですけど、案外そうでもないんだというのを最近知りました。そういえば通販やってても代金引換に拘る人、一定数いましたし。


「リボ払い」が実質的なキャッシングであるということからの、「クレジットカード怖い」は僕自身、身をもって感じたことではありますが(設定によっては永久に利子だけを払い続けることにもなる、それがリボ払い)、今現在の自分の支払額がどれくらいなのかがWebで逐一把握出来る時代であり、「財布にあった分だけ使ってしまう」現金払いに比べて、割と自覚的にお金を使うようになるよねというのが、僕のクレジットカードに対する認識です。結局のところ、どうせ同じように雑にお金使うんだったら、目で見て履歴や使用額が確認出来るクレジットカードの方がいいでしょ、ってことです。Webで買いものをするんだったら、クレジットカードの方が何倍も便利ですしね。そして財布の中のお金って、毎日の生活の中で何となく使って行ってしまうものですし。

結局のところ、使いすぎて破綻してしまうかどうかは、個人のモラルの問題じゃないですか?クレジットカードで失敗する人は、現金でも割と失敗すると思うんですよね。「使いすぎてはいけない」と思っている人が不安感からだけでクレジットカードを作らず、通販をするたびに代引き手数料を支払い続けるのはなんだかなーと思ったり。日本の一般的な通販では、クレジットカード手数料を購入者に請求したりしないので、その方がお得だと思うんですけどね。ポイントも付くし。年会費が要らないのもたくさんあるし。


学生の間は仕方が無いかも知れないけれど、新社会人の人はそろそろどうですか?

用法・用量を正しく守ってご使用下さい。