「USBケーブルどうしよう」

というのはiPhoneを使うようになってからずっと悩みの種です。iPhoneが普通のmicroUSBであれば良いんですけど、アップルお得意の「独自規格」なので、それに合わせたケーブルを買わなくてはいけません。しかもiPhone5以降はそれ以前と互換性がないという始末。めんどい。

品質を考えれば純正を買えば間違いないんですが、純正品は高いんですよねえ……1メートルのケーブルが2,200円もします。マジかよ。マジです。

Lightning - USBケーブル(1 m) - Apple Store(日本)


さすがにそれは買ってられないので、他社メーカーの互換商品を買うわけですけど、これが結構悩ましい。多くは粗悪な中国製で、1本500円以下と激安ながら、

  • 少し引っ張られただけで断線する
  • コネクタが壊れる
  • 認識しなくなる

などなどの症状が出て、殆ど使い捨て状態。激安ケーブルをまとめ買いして、1~2ヶ月に1回交換するという掃除機フィルターみたいな使い方をすることになります。コストとしては大したことないんですけどでも毎回買うのも面倒だしイザっていうときに使えないのは不便なので、出来ればもうちょっと長持ちして信頼出来る品質の物を選びたい……

Amazonベーシックは少し高いけど信頼性はぼちぼちある

というわけで、最初に行き着いたのは、Amazonベーシックのケーブルでした。




シンプルなデザイン、柔らかすぎないケーブルが特徴。値段はアップル純正の半分程度と、互換商品の中では少し高めですがその分は断線に関する信頼性でしょうか。寝る時に重宝する少し長め(180センチ)のケーブルもあるのも◎。



唯一の欠点は、コネクタ部分が破損しやすいこと。断線よりコネクタが壊れて使用不可能になることが多いみたいなので、床に置くような場合には注意が必要です。またケーブルは少し硬めなので、小さなバッグに入れて持ち運ぶ場合ような用途には向いていないかも。僕の場合は部屋のコンセントに繋ぎっぱなしにしてあって、帰宅したらそこで充電する、そのケーブルとして使用しています。



激安ケーブルの中ではこれ

じゃあ、持ち運びするのにいいのはどれよ?となるわけですが、正直ロットの当たり外れもあるので何とも言いがたい。家電量販店にもたくさん売ってるんで、自分で何本か買って試してみるしかないよねというのが結論なのですが、個人的に今気に入っているケーブルがあってそれはこれ。



このケーブルの最大の特徴は、iPhone5用のLightningとmicroUSBが1つのケーブルでまかなえること。それも、よくありがちな二股ケーブルではなくて、コネクタ部分に小さなアダプタが付いていて、そのアダプタを付けて繋げるとLightning、外すとmicroUSBとなっていてとてもスタイリッシュ。二股ケーブルはダサいですからね……



ケーブルは薄型でふにゃふにゃ柔らかめなので持ち運びにとても便利。
カラーバリエーションも可愛くてグッド。しかも498円。


僕はこれのオレンジとグリーンを1本ずつ買って、eneloopのバッテリに1本ずつ刺してiPhone/iPod(Lightning)とBluetoothレシーバー(microUSB)の充電に使ってます。使い始めて3ヶ月くらい経ちますが、今のところ特に問題も起きていませんし良い感じ。Amazonのレビューを見る限りロットによっては断線しやすいものもあるみたいですが、僕のところに来たのは問題なかったようです。


複数機器を同時に充電する機会がある人に特にオススメです。