自分のPCについている内蔵型のDVDドライブがどうも、調子が悪いんです。

DVD再生中に落ちちゃうのは他のハードウェア(例えばグラフィックボード)の問題だろうと思うのですけど、その他にも2層DVDのつなぎ目で一瞬止まったり、作動音が異常に大きくなることがあったり、CDRの読み込みに失敗したり…長く使ってるバルクなのである程度は仕方がないのですが、さすがに映画視聴中に停止とかストレスフル。

というわけで新しくDVDプレイヤーを買いました。それがこれ。


これに決めた決め手は?
デザインと値段、全ての企画に対応したスーパーマルチ、USBから給電できるUSBバスパワー対応。
USBから給電できるメリットは?
アダプタが要らないこと。持ち運びに便利ですし場所もとりません。USB端子が1つ空いていれば使えます。
重さは?
540g。お茶のペットボトルくらいですね。超軽いです。その分プラ素材で安っぽいですが、デザインはよいです。
ソフトウェアの出来は?
特に使っていないので解りません。再生だけなら別に要らないと思います。
転送速度は?
さすがに外付けなので速くはありません。気長に。
他に何か良い点は?
動作音が静か、ケーブルを巻き取って格納できる、非常にコンパクト。
なんでBDじゃないの?
予算の関係です…


僕の場合それほど頻繁には持ち運んだりはしないのですが、実際に持ち運んだ場面でも特に困ることはありませんでした。むしろ軽くてコンパクトで便利。

値段もとても安いので内蔵DVDドライブが壊れたり、外で使うDVDプレイヤーを探している場合にはオススメです。

今、外付けでもこんな値段なんですね…



購入時の注意点:ACアダプタは付属していません

基本的にUSBから給電することになっているので、ACアダプタは付属していません。
製品のコンセプトとしては1つのUSBで給電なのですけど、USBが空いていなかったり、
空いていても給電能力が低かったりすると動作しません。
その場合には別途ACアダプタを購入する必要があります。

ACアダプタは2000円くらいで購入できます。