より大きな地図で London riots / UK riots: verified areas を表示

あんまり原因とかよくわからないんで書くのもどうかなぁと思うのですが。
友達のツイートを読んで、そうだよなぁと深く納得したので。

なぜに人為的に傷つけ合わなければならないのか暴力で根本的なことが解決できるなんて皆無なのに。2011年8月9日 12:16 via web


つまり、解決なんか望んでないのだよなぁ。行き着く先に解決がある場合の行動じゃないよなぁ。

陰謀論的な話になると黒幕的なひとが扇動していて、その人には「行き着く先」も「解決」も存在するみたいなことになるのだけど、まぁ別に僕はそういう話がしたい分けじゃなくて、単に現場で暴れてる奴らのことを考えると、奴らにはそんなの無いんだよねぇ。この暴動の結果自分がどういうものを勝ち取ろうとかそう言うのもないと思う。少し前に、イギリスのフーリガンへの潜入手記みたいなのを読んだんだけど、その中に描かれてた空気感と全く同じなのよね。



別に何かがしたくてしてるわけではないんだよね。そりゃフーリガンにも意思を持って扇動する人々は存在するのだけど(上の本の中では1994年当時、極右のサポーター取り込みが特に増えていると書かれていた)、扇動が成功したあと、現場で暴れている人間にはこれと言った意識はないわけで。そこで「なぜ」を考えることに意味はないとは言わないけれど、「なぜ」への回答が存在しないことも考慮に入れないとダメかなぁと言う。


これとかも、

ロンドンのSONY配送センターが燃やされる 盗まれたものが・・・・|やらおん!

ソニーがにくいとか言うか、目の前にゲーム機がただで転がってたからということかもしれないし。よくわからない。というか、「よくわからない」と言うのが答え何じゃないのかなという気もする。大枠については何か分析は出来るんだろうけどね。現場での暴力については…わからないなぁ。群衆心理学の世界だよね。

なぜ日本では起きないのか?という話については、日本がどうとかいうよりむしろイギリスで起きていることに納得性があるというかね。そんな感じ。もし日本で起きたらどうなるかなぁ。起きないとは思うけど。起きないとする根拠もないか。わかんない。



どうなってしまうんだろう。

炎上し暴徒が叫ぶ、故郷イギリスの今 - Time Out Tokyo (タイムアウト東京)