3重くらいに今さらですが、Smartyプラグインがマイブームです。多分あとで後悔することになるとは思いますが、オプション的な機能をSmartyプラグインで分割していくとテンプレートと処理プログラムがすっきりするのが快感で。とりあえず無理しない範囲で分割していたり。


で、Twitterへの投稿をサポートする目的でURLを短縮する必要が出てきて、まぁ別にJavaScriptでも良かったんですが、個人的に応用しやすいのはJavaScriptよりSmartyプラグインの方だったのでさっくりプラグインを作りました。


なお使用に当たっては、tknzkさん謹製のopenpear/Services_Bitlyを利用させていただきました。感謝します。

ソース


bitly、j.mp双方の短縮に対応しています。
展開には対応していません。



テンプレートへの記述

{shorten_url url="http://www.nobodyplace.com" type="bitly"}

typeを省略するとbit.lyで処理する。



使用前に必要なこと

Services_Bitlyのインストール

sudo pear channel-discover openpear.org
sudo pear install openpear/Services_Bitly-beta

PEAR::XML_Serializerに依存しているそうなのでインストール

sudo pear install XML_Serializer-beta

bit.lyにサインアップしてアカウントとAPI Keyを取得し、プラグイン内の該当個所を書き換えておく。