シドニーで今年10月に行われる予定の、Sydney International Food Festival(SIFF)の参加者をイメージして作られたポスターがクリエイティブなデザインでかなりいい感じです。

Sydney International Food Festival 2009

上の画像は日本をイメージしたものですが、国旗のデザインや配色をイメージしているだけでなく、日本の食文化の代表的なイメージであるマグロを使っているのがポイントです。1つのデザインの中に、様々なメッセージが込められています。


ポスターはもちろん日本のものだけではなく、参加各国のものが揃っています。

以下からどうぞ。


Australia

これはミートパイかなぁ?定番らしいです。





Brazil

下に引いてあるのはライムですかね?





Italy

イタリアと言えばパスタ。わかりやすい。





India

インドと言えば、カレー、ご飯、サブジですかね。





Lebanon

レバノン、って言われても料理なんかわからんw
見た感じ上下の赤いのはトマト、真ん中はナンのような感じに見えます。





Korea

真ん中のは、コチジャンと醤油でしょうか。
黒い部分は…海苔巻き?韓国ではキムパプと言うらしいです。





Switzerland

生ハムとチーズ。これはわかりやすいですね。





Spain…かなぁ?

スペインだったら黄色い部分の左側に紋章が入ってるはずなんですよね。3段で真ん中が黄色の国旗は他にはないし…
内容はソーセージと卵、でしょうか。





Vietnam

おなじみランブータンはじめ様々なフルーツで彩られているのがわかります。





France

少し分かりにくいですが、左からブルーチーズ、普通のチーズ、葡萄(=ワイン)ということかなと。





Greece

デザインから国はわかりやすいんですが、この配色はw
どうしてもオリーブを入れたかったんでしょうね。



こうしてみてみると、どれもどの国の文化を反映していて美しいですね。

シドニーも行ってみたいなぁ。