サニーサイドアップ(以下、SSU)を語るとき、
複数の視点があるのを一緒に考えてしまいがちなのだけど、
僕はSSUという企業が嫌いなので、むしろきちんと切り分けておきたい。


きっかけはこの辺り。

サニーサイドアップ上場の裏に悪評飛び交う"偽善系"仕事術(前編) : 日刊サイゾー
トップアスリートが生む感動をカネに変え、ついに上場企業となったサニーサイドアップ。しかし、その一方では、同社のやり方は"偽善錬金術"だと揶揄され、湯水のごとく、悪評が湧いているという。テレビ関係者、プロダクション関係者の証言を元に、その裏事情を探る。

サニーサイドアップ上場の裏に悪評飛び交う"偽善系"仕事術(後編) : 日刊サイゾー
ご記憶の読者も多いだろうが、05年に起きた、日本でSSUが仕掛けた「ホワイトバンド問題」の前例もある。「ほっとけない 世界のまずしさ」を合言葉に、1本300円で販売されたホワイトバンドは若者を中心に一大ムーブメントを起こし、国内で200万本の売り上げを記録するに至った。
SSUがしている活動については前述の記事に大方まとめられているので、
そちらをまずは読んでいただきたい。

簡単にまとめるとこんな感じ。

  1. スポーツ選手を中心としたマネージメント
  2. 『慈善啓蒙』を掲げてイベントを立ち上げてビジネスに



このうち、1については僕は特に文句はありません。
このエントリで一番書きたいことはそれです。
スポーツ選手をダシに金儲けしやがってというのは誤りだと考えるからです。

SSUマネージメント部の主な業務内容は以下のようになっています。

マネジメント本部|PR会社 株式会社サニーサイドアップ SUNNY SIDE UP Inc.

  • エージェント・マネジメント業務
  • 肖像権の管理
  • 広報業務
  • CF・TV出演、出版等のコーディネイト
  • 法務・財務のコンサルティング
  • スクール事業

スポーツにおけるマネージメント業務は、
今現在でも多くのスポーツ選手から競技のために費やす時間を奪っています。
サッカーにおいてもかつてはそうでしたし、今でもそうかもしれません。
プロ野球選手のように、選手個人が契約交渉を行うのは何か違和感があります。

肖像権管理やコンサルタントについても同様です。
個人で管理するためには、私費で事務所を設立して管理するしかありません。
もちろん税金対策でもあるんでしょうけど、手間であることには代わりありません。
もしくは完全に放棄するか。

選手の権利という面で見た場合には、それをSSUが一括管理することは、
選手側から見てもそれを活用したい側から見ても便利になっているはずです。

もちろんサイゾーの記事にあるように、その管理具合がエキセントリックに、
つまり権利を握って金を搾り取るという姿勢になっているのなら非常に不快ではありますが、
たとえそうでも彼らの登場/成功によって多くのプロスポーツ選手が助けられていると思います。
また今後(たとえ小規模でも)立ち上げたいと思っている人にとっても、希望になるかと。

なので、全体的に見て瑕疵は多々あるけれども、
スポーツに対しては貢献していると思うし、
僕はその文脈で、つまり『スポーツで儲けるな!』という論調では、
SSUを語りたくない、と。



ただ、それでもなおSSUのことは嫌いです。
それだけ2に対する嫌悪感が強いと言うことでもあります。


金を儲けるのは自由だし悪いことではないけれども、
その手法が不誠実であればそれは金儲けというか…
しかもその上、誠実であるかのように装っている点でもう終わってます。

日本版ホワイトバンドしかり。
先日の中田のイベントしかり。

ホワイトバンドしようぜ!とか書いてた人は、
利益5億4000万円で3600万円寄付になんていうんだろう。
目的は啓蒙で、身につけることで周知できたからOKというんだろうか。
SSUが赤字出したからOKと言うんだろうか。
そんなら本家のホワイトバンド輸入して売れよとか思うんだが違うだろうか。
ホワイトバンドでボランティア始めた人とかいるんだろうか。


先日の中田のイベントについてはサイゾーを読んだ方がわかりやすいか。
これ何と同じ匂いって、要するに日テレの24時間テレビとおんなじですよね
有名人招いてお祭りやって寄付集めてよかったねー、です。
あーいや、24時間テレビは視聴者の寄付金には手を付けてないんだからまだマシかな。
確かに24時間テレビはきちんと啓蒙と結果が結びついてますよね。嫌いですけど。



有名人をたくさん抑えておいて、やる企画がそれかい…なんなのその、
欧米セレブのイベント真似したけど精神性まで真似できないんで、
出資額くらいは回収してもらいますね(^^)的なノリは。

非常に綺麗なこと言って、結果は何にもないけど成功だ!といえる奴らが僕は嫌いです。

『地球の環境問題や貧困問題を考えるきっかけを与える』なら、今この場から考えろよ。
サッカーなんかしてる場合じゃないだろ、常識的に考えて。
成功かどうかは、そのきっかけをデータで確認してからじゃないですかね?

観客は別に中田さえ見れれば、寄付なんか無くても満足だったはずなんでね。
別に貧困問題とかいう必要はなかったんですよ。
単に何の脈絡もなくイベント打って金儲けるのが微妙だっただけなんじゃないのかと。


そういう不誠実なビジネスに誠実であるべきモノを載せる価値観、
それが僕とは合いませんね。
大嫌いです。