予告されていたとおり、mixiのデザインが本日から少し変わりました。

全体的にアイコンなどが整理され、フォントが大きくなって見やすくなりました。
また、情報一覧として真ん中にまとめられていたものも整理され、
左カラムが自分の情報、真ん中のカラムがマイミクの情報、右カラムがPR他という感じで、
情報の分類も分かり易くなったんじゃないかなと。


以前のデザインリニューアル(2カラム→3カラム化)のときは、
あちこちでさんざん叩かれたもんですが(2カラムで使うGreaseMonkeyまで出る始末)、
今回の変更は、Webデザイナーとしては、
よく練られた良いインターフェイスじゃないかなーと思います。
それから、JavaScriptのDOM周りも改善されたようですね。

以前はSleipnir(というか、InternetExplorer)でアクセスすると、
処理に時間が掛かることがありましたが、そのあたりも改善されているようです。
スポナビなんかも改善されているし、世の中の流れとしては、


1. JavaScriptを使った便利でインタラクティブなインタフェースを作るぜ
 ↓
2. DOMまわりが地雷になって、InternetExplorer環境で時間掛かるよ
 ↓
(3a. みんなFireFoxにすればいいのに)
 ↓
3. 地雷を回避してユーザビリティを下げない方法を考えたよ!


みたいな感じになってるのかな。

プログラム処理という面においてはFireFoxの方が進んでいて正しいのだけど、
だからといって、シェアの面から言っても正しいことは正しい理由にならないからなぁ。

バッドノウハウであるとしても、そのあたりのノウハウみたいのが、
業界的に蓄積されてきたのかもしれないなーと思います。