と、思った。
『真剣師小池重明』の感想書いて。

読書量は、『最近の若者は』と後ろ指指されるほどは少なくはないと思うけど、
基本的にはそんなに読書家と言うほどでもない、

…ていうか、基本的に書評の経験値が低すぎるんだな。
読書感想文にもなってないもんなー
もうちょっと、印象を整理した後で書き出さないとダメっぽい。
いつもと同じように書きながらまとめようとしても、ダメだ。


というわけで、懲りずに拙い感想文を、
定期的に上げていくことになると思いますが、ご容赦下さい。

うーむ。