藤村・嬉野 本日の日記 2002年7月?2003年3月
HTB 2007-09

水曜どうでしょうオフィシャルHPで、藤村・嬉野の番組ディレクターが日々書き綴った日記が、遂に本になって創刊!シリーズ第1弾は、2002年7月から2003年3月までの日記から選りすぐったものを!大きさは、DVDのパッケージと同サイズで、いつでもカバンに入れて持ち歩ける。また、本にはしおりの他に専用のシールが付いているので、ペタペタ貼って、愛着の湧く自分だけの一冊を作ることもできる! 何度も、何度も、読み返す事により、経たれ具合が味わい深き愛本に!家庭の医学書とともに一家に一冊どうでしょう!

“本日の日記”はその名の通り、
ほぼ毎日更新されている、水曜どうでしょう公式サイトの日記をまとめたもの。


まぁそれだけだと、なんだタダの書籍化じゃんという感じだけど、
公式サイトの日記が普通と違うところは、“過去ログがない”ということ。

開設当初、WEB担当者がどんなことを考えていたかは分かりませんが。
Blogもまだ流行っていない時代だったわけで、
それが自然だったかもなぁと言う気もしますが(ストレージも今ほど安くなかったし)、
なにはともあれ、そのおかげでよく言えば一期一会、
実際の所保存できない日記(それが日記かどうか微妙だけど)になっているわけです。


それが、本という形でまとめられて出版される。
それも、一番熱かったであろう、番組最終盤の祭りをまたぐ形で。

確かにただ、当時の何気ない日記が書かれているだけではあるけれど、
そう言う意味で、没になったうれしーの大原稿の一部くらいは読んでみたいけど、

でもなんだろなー

2chとかのログを追うのと同じで、
時間軸としてどの場所から始めたとしても、
ログを追って読んでいくと、いつの間にか、
その時間の流れの中に没入してしまうというか。
すっかりね、もう、『ああ、あったなぁ…』的な、懐かしい感じになっちゃいました。

日記本というスタイルとしては、うれしーには申し訳ないけど、
やっぱりこれが正しかったのかもね。


…んー、それでもやっぱり、
うれしーの書いた原稿を読んでみたいっていう気持ちはあるなぁ。
なんだろうな、日記本の別冊として、新たに制作して売るというわけにはいかないんだろうか。
解説本、みたいな感じで。

同じ本で1つの流れでまとめちゃったら、
確かに鬱陶しいかもしれないけど、
別の本として分けて、日記本→解説本の順で読んだら、
なんか凄く味わえたんじゃないかなーという気が。

残念。

なにはともあれ、どうでしょう好きの方は、
とりあえず立ち読みでも良いので、見ておくべき本かなーと。

あ、Amazonぽく乗せてますが、Amazonでは売ってません(笑)
通販、ローソン、全国の紀伊國屋書店のいずれかでお買い求め下さい。


しかし、流通が広がったという点でも画期的だな。
やっぱ、DVDより本の方が柔軟なのかなー

  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories