少し前のGIGAZINEに、こんな記事が載りました。

キリンビバレッジ「生茶」とミツカン「しゃぶしゃぶのたれ」がコラボレーションして、緑茶のしゃぶしゃぶ「生茶しゃぶ」というのを11月から販促展開として開始するそうです。


生茶しゃぶ…

まぁ、お茶漬けがあるくらいなので、お茶を料理に使うのはおかしくないし、
焙じ茶で御飯を炊いてみたこともあるので、
これが結構美味いってのも知ってる。
だからといって、しゃぶしゃぶにする意味は……

しかし、友人が、これに食いついてきたことで、
話はいきなり計画実行モードに。

ただ、根本的な問題として、うちには、ガスコンロがない。
つまり、『しゃぶ』るためには、
キッチンに立って、立食パーティにならざるを得ない。
それはさすがに切ない。

というわけで、しゃぶしゃぶではなく、鍋にすることに決定。

土鍋に生茶をなみなみと入れ…
昆布で出汁を取り…
適当なところで野菜(水菜、白菜、エノキ…)を入れる。
豆腐を入れて、最後に豚肉を入れ、
さっと火を通してOK。


そして出来たのが、コレ。



多分、良くわかんないと思いますが、
よーーーく見ると、汁が緑色をしてるのが分かるかもしれません。


たれはポン酢、薬味は一味唐辛子、豆板醤など。

お味の方は…

うん、普通に美味い(笑)


お茶の香りがして、良い感じ。
風味を加えるという意味でなかなか面白い。


とはいえ…何か生茶が特別か?と言われると、

うーん。

どうだろう。

生茶じゃなくても、良いような…


鍋なら何でも美味かったんじゃないか疑惑(笑)

で、食事が終わって具がちょっと残ったので、
御飯を入れて、酒、醤油、みりんで味を調え、雑炊としていただきました。

美味かった…けど、
ここまで味を調えちゃうと、ますます生茶かどうか怪しくなってくる…

やっぱり、塩足して、お茶漬けくらいにしておくべきだったかなぁ。

興味のある方は、この辺参考にどうぞ。


キリンビバレッジ | 会社情報 | ニュースリリース