先日、いつも通りにmixiにアクセスしましたらば、

『間隔を置かずにページを遷移しているので遮断します。暫く時間をおいてアクセスしてください。』

というような(上記メッセージは正確ではありませんが)警告が、
表示されました。


は?


まぁ、この時点で、
BkMixiRのせいだな、
と自分でも分かってはいたんですが、
この警告が、巡回そのものを制限することなのか、
それとも、ソフトウェアが何らかの不具合を起こしていて、
負担を掛けているのか(つまりソフト自体は黙認)、
その二つが区別しにくかったので、問い合わせてみました。


…って、まぁ、当然実のある回答があるはずもなく、

お問い合わせの件ですが、サーバーへの過負荷を避けるため、
連続的なアクセスをされた際、アクセスを制限させていただく
仕様となっております。該当時点でのご利用経緯等こちらでは
察しかねますが、この点ご注意の上ご活用くださいませ。

※制限の詳細についてはセキュリティ上開示の
対応が難しいことを何とぞご理解頂ければ幸いでございます。


だそうです。
まぁそりゃそうだよな。

でも、実際に有人で操作したのは、

・日記を投稿する
・一覧に戻って修正する

という二つのことだけだったので、実感としては、
『こんなんで規制されたら使えねーよ!』
というのもあって、うーん、となってたんですね。

で、BkMixiRのサイトに何らかの情報がないかと訪れてみたら、
バージョンアップしていました。

BkMixiR - PukiWiki

それによると、
8/17前後に行われたmixiの仕様変更によって、
最新の日記の取り込みができなくなった様子。

以下は書き込み情報を元にした推測でしかありませんが、
最新日記が上手く取り込めなくなったことで、何度も取り込もうとトライし、
結果、多くの負担を掛けることになってしまったと。
あー、それは僕に非がありますねぇ…
(仕様変更を通知する義務は、まぁこの場合無いと思いますし)


BkMixiRを、最新バージョンにアップすることで、
スムースに取り込みを行えるようになり、それによって結果的に負担が減って、
アクセスを監視・制限されることはなくなったんですが、
しかしこれ、あんまり酷いと痛い目見せるよ、ってことだよなぁ…

警告なしにアカウント削除…なんていう話も聞くし、
やはり、mixiに対してサードパーティ製のソフトウェアでデータを取得すると言う行動には、
かなりのリスクが伴うな、ということを実感しました。
正直、おすすめしません。

僕は、mixiの機能をユーザ側で補ってるつもりですし、
人柱的な意味も含めて(不必要な負担を生まない範囲で)、
使用を継続するつもりですが、
リスクを懸念される方、また便利というだけで仕様を検討される方は、
少し覚悟した方が良いかもしれません。


上場したとはいえ、やはりまだ、
突然何かしても驚かない、そんな会社な気がしますから。
(一応、有料ユーザなんだけどなぁ…)