以前紹介した、FOLDER SHAREなんですが。
引き続き使い続けてます。
便利ですねぇ。

主な用途は、素材系画像の共有と、
(あれ何処行ったっけ、ってあれ自宅かよ、防止)
音楽ファイルの共有。
あ、但し著作権法に触れることはしてません、念のため。
あくまで二重にリッピングするのがだるいので、
iTunesディレクトリを同期させてるだけです。
設定だけしてしまえば、後は意識する必要がないので…いいですね。

もちろん、本当なら、きちんとハードウェアを整備して、
VPNを導入すれば、もっと便利なんですけど、
ああ、SoftEtherなどのいわゆるVPNとどこが違うかというと、
GUIとして片方からもう片方のファイルに、能動的にアクセスすることが出来ないですね。
基本的には、ファイルを持ってきて、アクセスするという感じ。
行ってみれば、双方にFTPサーバを立てた、みたいな感じです。
仲介するのは、ブラウザ。


で、なんでいまさら重複するエントリを書いてるかというと、
CROSSBREEDのコメントの中に気になるコメントがあったんだけど
僕がマジレスするわけにはいかないので(笑)
こっちでコッソリ書いてみたりして、、

結局はISDNとかの低速回線では使えないってことですよね? あとPCの電源を常時入れないといけないし。 まだまだハードルは高いんじゃないんでしょうか。
情報格差、デジタルディバイドに繋がるので、安易には書けないけれども… レベルが低いところにいる人は、享受できるサービスも制限されるのは当然ですよね。 それと、技術としてのハードルの高さとは一致しないわけで。 何気ない意見なんですけど、視野が狭いのでは、と感じてしまった。 自己基準の拡大解釈ってことね。

そもそも、低速回線では、どんなサービスでも支障が出るでしょう。
どんなにソフトウェアが優秀でも、回線速度を上回る利便性を確保するのは無理だし、
FOLDER SHAREに限ったことではない。
それは、このサービスの問題と言うよりは、ユーザ本人の問題。
自宅の回線が貧弱であったり、
海外などで、満足の行く環境にいられない場合には、
そもそもこういうサービスそのものを諦めるべき。

また、PCの電源を入れておく、ということは、
このサービスを使う上で書く必要もないほど前提。
むしろ、どんな共有サービスでも、P2Pである以上はそうする必要があるし、
それをしたくない(出来ない)人は、
アップロード型の共有サービスを選択すべきで、
ハードルどうこうの問題ではない。
電源を切ったPCとデータの同期(共有)が出来る方がどうかしてるわけなので。

そうして考えてみると、
単に、肌触りの良い言葉を並べてるだけで、
中身が全くないことが分かってしまう。
きっと書いている本人は分かっていないのだけど、
要は、

結局ジェットコースターに乗るのに身長は140センチ無いといけないってことですよね?
あと、常に座っていなくちゃ行けないし。
まだまだハードルは高いんじゃないんでしょうか。

というようなことと同じだってことだ。

諦めてください、としか言いようがない。

で、ここからはこのコメンターの方とは関係なく読んでもらいたいけど、
(個人の人格を批判するつもりは全くありません)

日常暮らしてて、こういうことって良くあるよな、と思う。
例えば何か話を聞いて、
『えーマジかよーだるっ!』
って思って愚痴ったら、周りはもう知ってて、
ちゃんとこなしてた、とか。

初めて東京に行って、
『えー何、この満員の電車に乗るのかよ!』
と思わない方が少々鈍いと思うんだけど、
実際乗ってる人は、(嫌だが)慣れてるわけで。
それに対して、自己基準で最悪だ、とは言えないし、
ましてそれを基準に、東京より最悪な場所はない、何て事も言えない。
そこに住んでる人がOKならそれはOKなわけだし。

安易に、自分の価値観と、周りの価値観に関係性を作るのはどうかと。
自分の価値観を周りに押しつけるにせよ、
周りの価値観を疑問無く受け入れてしまうにせよ、
(みんなOKだし俺も満員電車OKとか)
結局は周りとの同化を望んでる点で、同じ。
自分の価値観を、全体の価値観へと拡大させたいのね。
そうしないと安心できない。


それはダメだろうな、と。
むしろ、周りを知った上での独立主義でないと。

最初のコメントに戻って、どうなら良かったか考えてみると、
自分の考えが、実は斬新であることに気付くべきなのだと思う。


低速回線で、満足な共有、というのは、
はっきり言って的外れではあるけれども、
ある意味で斬新であるとも言えなくもない。
ニッチだし、面白い提案だと思う。
(140センチ以下でも乗れるジェットコースターも同)

そういう要望が、基本的に的外れだと分かった上で、
でもそういう要望を満たすサービスもあるべきですよね、
という意味ならば、理解はできる。
(ただし、FOLDER SHAREとは関係ないし、スルーされるだろうけど)


それを、『ハードルはまだ高い』という結論へ結びつける、
つまりそこで、自分の価値観の、全体への波及が行われているのだけど、
それはあまりに安易かなぁ、と。


きっと僕も、常にそう言うことを繰り返して、生きてるんだと思うんだよね。
よく見ながら生きていこうと。
改めて思います。