Music 010

Garden 2000.12.24.12:26 Sugar Soul feat. Kenji ▲▼
さあ皆 空気さえも蝕まれていきそうな
 こんな時代にキバを剥き出すような
アスファルト蹴り上げ動き出すような俺達を CHECK してきな
 愛の庭に咲く百合は瞬く 風に揺られ悲しみ抱く
そんな中に天使羽ばたく 歌い続けてくれ絶え間なく
 陽の光が部屋に差し込む 日々の痛みもすべてつつみ込む
あふれる喜び TRACK に乗せる BY MY SELF 青空がそうさせる
 あの日描いた夢にぎりしめ 今ここに生きた証刻み込め
99道を照らし出した 終わらない 響くよ女神の歌


このメロディ・ラインを聴くだけで、涙が出そうになる、
悲しい想い出があったわけでも、
忘れられない素晴らしい想い出があった、
だけでもない、

この曲を一番印象的に聴いていたのは…多分、1999、冬。
今、2000年が終わろうとしてるけど、
僕にとって『1999』という年は、いろんな事があまりにも起きすぎて、
僕の中で、何か大事なことが終わって、
そして、いろんな事をしてしまって、
つらいこともあったけど、でも僕にとって大事な1年で、
このメロディには、そういうことがギュッと詰まっていて、
僕にとって、そんなメロディの、一番最後に来るのが、
『GARDEN』

『1999』についての想いは、
ちらりちらりと書いているけど、
その全てを掌握してるのは僕だけだし、
僕にとって『僕』という存在は、その全ての真ん中に存在していて、
その1つ1つは、その全てを象徴してはいるけれど、
それを表す物ではなくて、
全てを集めてはじめて、その全てを把握できる、
僕が犯した過ち、それをそれだけでは判断できない、
僕の中にはそれを支える心情がある、
その全てを分かってもらおうとは思わない、
でも、そのことを知っておいて欲しい、
僕がしたことについて言い訳はしない、
でも。
決して、そうしようと思ってしたことじゃない、
それに影響を与える何か、そして、君、
そして、君の中の何か、そして、君に影響を与えた彼、
そして、彼の中の何か、そして、彼に影響を与えた彼女、
そして、彼女の中の何か…
その全てを、
その全てが、
このメロディ・ラインにはある、

『僕』は全てのことの真ん中に存在している、
かもしれないけど、
その全てのことの中心を象徴し、
そして時にはそれさえも越える、
ギザギザな心の表面を、
省略することなく、
細かなキズにまでしみこむ、
それが、僕にとっての、
『GARDEN』