インターネット選挙運動のイラスト(政治)


選挙まであと10日となりまして、 市街地およびネット上での選挙活動が活発になってきました。繁華街に近いせいか職場付近は昔から選挙演説やデモ活動が頻繁に行われる地域なんですが、最近も熱心な呼びかけが木霊のように連鎖してたいそう賑やかです。お祭りってホントに良いもんですね。


さて表題にあります「SNS等で選挙活動を熱心に行うアカウントとの付き合い方について」です。SNSとは主にFacebookとTwitterのことをさすのですが、そのタイムライン上で熱心に選挙活動を行っている友人・知人をしばしば見掛けます。社会問題に焦点を当てる活動や、正しい選択のために投票を促す活動など、それらひとつひとつに意義はあるとは思うのですが、私、スズキイッペイはせめてネットの中だけでも静かに暮らしたい。


今まで「古くからの友人だから」とか「馴染みの店だから」といった理由でそれらの活動を見て見ぬ振りしてきましたが、さすがにちょっとうるさすぎます。それぞれが支援されている政党・候補者、それぞれの方針や政策について反対と言うことは全くありませんが、その広報と一緒に流れてくる投稿やツイートの中には扇動的で誤謬に満ちた質の悪い回覧も多いし、精神安定上よろしくない。友人なのであれば、間違っている部分だけを指摘して、賛同できる部分は賛同しといったようにしていく方がいいのかも知れませんが、徹頭徹尾思い込みと差別に満ちたツイートなどもあってさすがに付き合いきれません。


そういうわけですので本日以降の方針として、「過剰な選挙活動」を行うアカウントについては、友人だろうと馴染みの店だろうと、初恋の人だろうと、憧れの先輩であろうと、分け隔てなくアンフォローないしはミュートを行っていくことにしました。活動されている方それぞれは善意を持って行っていることだと思いますし、僕の行動はそれぞれの活動の中身を批判するものではありません。そうではなくシンプルに僕は静寂が欲しい。善意からであったとしても友人・知人の活動と喚き続ける選挙カーとの間に僅かな差異も僕には感じられない。これだけ雑音の多い社会なのだから、せめてSNSぐらい自分が満たされるものだけで満ちて良いじゃないか。そう思います。



以上、ご理解ください。よろしくお願いいたします。
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories