汗の臭いがヤバい

蒸し暑い様子のイラスト
朝出勤して、エアコンの効いたオフィスで汗が引くのを待って、30分後に完全に汗が引いたときシャツが既に汗くさい。家にエアコンがないことと運動していることとで僕の汗は老廃物が少なめで、割とサラサラしているはずなんだけどそれでもこれだけ臭うと言うことは、それを凌駕するほどの大量の汗が出ているか、そもそもシャツの臭いの元が除去出来ていないか……酸素系漂白剤に一晩漬けてから朝洗濯して日なたに干しているので、これで「臭いの元が残ってる」って言われたらもうどうしていいかわかんないんですが、でも合理的に考えるとそうなるよなあ。臭っているのはシャツの最も生地が厚い襟元の部分だし、可能性は高い。酸素系漂白剤の量が足りないとか、全体にきちんと行き渡っていないとかそういうことかな。うーむ……僕のやり方が拙いのか……



汗の臭いを残さないための3要素

  1. 酸素系漂白剤などアルカリ性の洗剤を使って皮脂などを落とす
  2. 清潔な洗濯機で洗う
  3. 太陽光に当てて滅菌する

洗っても取れない衣類の汗臭い原因は?洗濯方法3つとポイントとは – カジタクコラム


さすがに「仕方ない」で済ませられないので、最近は着替えを持ち歩くようになりました。着いて汗が引いたら着替えて、仕事中は汗をかかないのでそのまま勤務して、その服で帰宅。行きと帰りとで服が違うのはなんか不審ですが(笑)、まあでも仕方ない。仕方ないんだけど、今度は洗濯物が増えて仕方ない。ただでさえランニングウェアの洗濯があるので、これ以上増やしたくないのだけど……何とかならないかなあ。


今年はどうやら夏の間中、この問題と格闘することになりそう。あんまり皮膚によくなさそうなので今年は避けてたんだけど、改善しないようであれば制汗剤を使うしかないか。止められるかわからないけど。





スポンサーリンク

スポンサーリンク