「そんなのランチャーでFAだろ」という声も聞こえますが、実際問題として気に入るランチャーを探すのはなかなかに難しいし、その上それをキーボードで操作するのもなかなかだるいです。というわけで僕は今でもこの方法でアプリケーションを起動しています。

「ファイル名を指定して実行」がとんでもなく便利な件。 | mutter


導入してから4年くらい経つけどやっぱり便利ですね。「ファイル名を指定して実行」が1キーで起動できたらもっと良いけどその辺はキーボード的な制約もあって妥協。Windows 7機でも基本的に同じようにやってます。つまり、ショートカット集フォルダを作成し、環境変数PATHに追加し、「ファイル名を指定して実行」から実行。

Windows XPとは変わって、

  1. 「Windowsボタン」を押してスタートメニューを開く
  2. 「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」を開く

という手段では起動できなくなりましたが、

  1. 「Windowsボタン」を押しながら「R」キーを押す

という方法で引き続き「ファイル名を指定して実行」を素早く表示できます。


Windows 7ではさらにショートカットが

というわけで便利なのですが、Windows 7ではもう一つショートカットキーがあります。それが「Windowsボタン」+「数字」というショートカット。何かって言うとこれまでの「クイック起動」、Windows 7でいうところの「タスクバーにこのプログラムを表示する」を起動するためのショートカット。

次のように並んでいた場合、

21_01.jpg

それぞれ、

  • Windowsボタン + 1 → Becky!
  • Windowsボタン + 2 → Firefox
  • Windowsボタン + 3 → Google Chrome
  • Windowsボタン + 4 → iTunes
  • Windowsボタン + 5 → Janetter

が起動します。

もともとこのキーを何かに割り当てていた人には不評なようですが…個人的にはこれがめっちゃ便利。アイコン表示の時に場所を取りすぎる(アイコンの左右のマージンが大きすぎる)という不満はありますが、今のところそれを補って余りあるなーと思っています。



その他の、Windows 7のキーボードショートカット

この辺にまとまってます。Microsoftのページです。

Windows 7 のショートカット キー


こういうのを久しぶりに見ると、忘れていたものも思い出したりしてちょっといいですね。「Windowsボタン + E」でコンピュータを開くとか。