MySQLのチューニングに当たってスロークエリログを書き出すことは良くあります。設定によっては放っておくと膨大なログになってしまうため、適度なタイミング(日毎とか週毎とか)でログローテーションしてやります。logrotateを使うのが常套手段。

スロークエリログの解析にはmysqldumpslowを使用します。mysqldumpslowを使用するとログを解析した上で、オプションに従って並べ替えて出力してくれます。ログ全体のまとめになるので、定期的これを実行すれば、どれくらいの頻度でスロークエリが発生しているかを定量的に計ることが出来ます。


…というわけで、この2つを組み合わせてみました。


/etc/logrotate.d/mysql

/var/log/mysql-slow.log {
    # create 600 mysql mysql
    notifempty
    daily
    rotate 5
    missingok
  prerotate
    EXT=`/bin/date +%Y%m%d`
    /usr/bin/mysqldumpslow -s t /var/log/mysql-slow.log > /var/log/mysql/mysql-slow.${EXT}.log
  endscript
  postrotate
    # just if mysqld is really running
    if test -x /usr/bin/mysqladmin && \
      /usr/bin/mysqladmin ping &>/dev/null
    then
      /usr/bin/mysqladmin flush-logs
    fi
  endscript
}


ポイント1:postrotateを使って古いログを削除

ローテーション後にこの処理を行わないとログローテーションが完了しないっぽいので。

MySQL5.1のlog出力とlogrotate設定 | ijo.cc



ポイント2:prerotateを使ってmysqldumpslow→日付入りでファイル出力

ローテーション前にやらないと解析対象のログがない事態になるのでprerotateを使う。

  1. 変数に現在日時を保存する
  2. クエリ実行に掛かった総時間で並べ替え
  3. 日付入りのファイルを作成して書き出し

slowlogを毎日メールで送る - スコトプリゴニエフスク通信



その他参考

logrotateのテスト

# logrotate -dv /etc/logrotate.d/mysql

mysqldumpslowのオプション

# mysqldumpslow --help
Usage: mysqldumpslow [ OPTS... ] [ LOGS... ]

Parse and summarize the MySQL slow query log. Options are

  --verbose    verbose
  --debug      debug
  --help       write this text to standard output

  -v           verbose
  -d           debug
  -s ORDER     what to sort by (t, at, l, al, r, ar etc), 'at' is default
  -r           reverse the sort order (largest last instead of first)
  -t NUM       just show the top n queries
  -a           don't abstract all numbers to N and strings to 'S'
  -n NUM       abstract numbers with at least n digits within names
  -g PATTERN   grep: only consider stmts that include this string
  -h HOSTNAME  hostname of db server for *-slow.log filename (can be wildcard),
               default is '*', i.e. match all
  -i NAME      name of server instance (if using mysql.server startup script)
  -l           don't subtract lock time from total time
並べ替えるには「-s」オプションを付けた上でソート順を指定。

  • -s al → 平均ロックタイムの長い順
  • -s ar → 平均行数の多い順
  • -s at → 平均実行時間の長い順
  • -s c → 総クエリ数の多い順
  • -s l → 総ロックタイムの長い順
  • -s r → 総行数の多い順
  • -s t → 総実行時間の長い順