アニメを見るときはどんなに原作が気になっても放送終了までは我慢するというのが僕の流儀で、「日常」の時も全部見終わってから原作を買おうと決めていました。んで、めでたく放送が終了したので、順次原作を買っていった(現時点での最新刊は7巻、以下続刊)のだけど、読んで思うのは、

  • これを忠実にアニメ化した京アニはやっぱすげえ

ということと、

  • それでも原作の漫画の方が面白い

ということでしょうかねぇ。

漫画の雰囲気をアニメとして最大限、再現しているのは本当に凄いと思うのですけど、やっぱり原作のシュールな「間」は、「漫画」という媒体だからこそ出来るものかなという面はあり。常に展開させていく必要がないとか、間を大幅にはしょってもわかりさえすれば繋がるという感じとか、確かに京アニは凄いけど、そもそもあれをアニメで表現することにしたその決定がどうなのかという…いや、決定してくれたおかげで僕は「日常」に出会えたから意味はあったのですけど。

ゆっこが高崎先生に頭を叩かれているシーンが見開き2P+前後6コマとか、漫画の常識で考えてもあり得ない演出なんですけど、それを採用したあらゐけんいいち先生、通した編集の方はかなり異才だなと思いますです。すごい。

もし日常のアニメを見て気に入ったのであれば、立ち読みでもいいからコミックスも読んでみるべき。あのアニメが二回りくらい強化された世界が、そこにあります。楽しい。