というわけで、8/17 0時くらいのタイミングでFirefoxの最新版、「Firefox6」がリリースされました。

Mozilla Japan ブログ - 便利な開発ツールを追加した Firefox の最新版が登場 - Android 版はデザインを刷新しタブレットにも最適化

自動更新は順次反映、すぐに更新したい人は「ヘルプ → Firefoxについて → ソフトウェアの更新を確認」から最新版をダウンロード、インストールできます。

アドオンの互換性

Firefoxのバージョンアップで一番の懸念事項はアドオンの対応状況。どんなに描画が速くなろうとも、便利な機能が搭載されていようとも、それまで使えていたアドオンが使えなくなったんでは意味がありませんが、今回は今のところ大した影響は出ていないように見えます。アドオン一覧を見ると、唯一Stylishだけが非対応となっているようですが、非対応→強制的に無効化となっていたこれまでとは違って、非対応でも有効のままでかつ問題なく動いています。



リリースサイクルの変化(新しいバージョンを6週間ごとにリリースする)によって、「対応が明記されていなければ無効」というポリシーを、「対応が明記されていなくてもとりあえず対応済み」に変更になったみたい。まぁそうじゃないとやってられないですよねぇ…

そういうわけで、アドオン互換性の心配は、少なくとも今回においては、ほぼないです。めでたい。



使用感は

起動時間やページレンダリング、JavaScript処理が確かに高速化されています。ベンチマークを取ったわけではありませんが、Google Chromeと比べても遜色のない速さじゃないかなぁ。Google Chromeは最近少しもっさりしてきてるし。

まぁでも確かにわからんと言えばわからん(苦笑)
正直、感動するほどの変化はないかなー



Firefox7以降は

既にβ版がリリースされているFirefox7はさらに爆速だと一部で話題になってました。

ガジェット速報 » Blog Archive » Firefox6正式版が公開されるも、ベータ版Firefox7が凄すぎると話題に

さらにβ版の1つ前、オーロラ版(多分Firefox8に相当)はメモリ使用量も減ってさらに快適だとか。
それはあれかな、この辺への対応が施されているということで良いのかな?

Firefox、メモリ食い「ダークマター」の正体突き止める | エンタープライズ | マイコミジャーナル

Firefox7のリリースは9月下旬、Firefox8のリリースは10月下旬ということなので、期待して待ちたいと思います。
速度重視というわけではないけど、速いに越したことはないもんね。



その他の互換性

Firefox 6 の後方互換性に関わる修正のまとめ « Mozilla Developer Street (modest)

結構いろいろ変更が加えられてるんですね。
コードのシチュエーションによっては変更が必要かも知れないです。
開発者の方は一応チェックを。