なんかもう、プログラムにさわり始めて何年よ、と思うと、毎度毎度「常識」にぶちあたるのが悲しいやら情けないやらなのだけど、それでも、「誰でも意志があれば学べて誰にでも公平に存在するのがプログラミング」とも感じるし、半ばやけくそ気味ではあるけれども、少し前向きには考えられる自分もいたりする。

やはり自分に足りないものは「流儀の習得」で、それはテストケースを殆ど書かない、テストプログラムも自己流のシステム化されてない作りなんてとこでまだ残ってて、きちんと学ぶべきだなぁと思いながら日々の業務に流されてるわけで、その辺ジレンマって言うかなんというか。少しは改善しつつあるのだけど。

以前書いたコードをいつか恥ずかしく思わなくなったりすることがあるのかしら?とか考えるのだけど、現在の無知ぶりからすると、例えそれがあったとしても遠い遠い未来なような気がするなぁ。コードや書籍を多く読んで身につけていくしかないね。(幸いコード読むのは楽しくて苦にならない)

情けなくはあるけど、常に余地があるのはちょっとだけ嬉しい。
それがプログラミングかも。なんつて。おこがましいけど。