NHK「みんなのうた」の楽曲「コンピューターおばあちゃん」に不適切な映像が含まれていることがわかり、NHKは2日、映像を手直しすると発表した。

 この曲は、バイクに乗って宇宙を疾走する「おばあちゃん」のアニメーションが使われ、1981年12月の初放送後、たびたび再放送されている。2004年にDVD化され、通信販売で5000セット売られたが、それを見た人の指摘で、おばあちゃんの背景に女性の尻や胸、下着姿の写真がそれぞれ約0・1秒ずつ映っていることが判明した。NHKは通信販売の名簿を基に、購入者に新たに手直ししたDVDを送り、古いDVDを回収する。

 また映像が手直しされるまでは放送しないことも決めた。

 NHK広報部は「酸いも甘いもかみ分けるおばあちゃんの人生経験をイメージした映像表現だった。テレビ画面が大型化し、コマ送りもできる現在の視聴態様を考えると、ファミリー向けの番組としてふさわしくないと判断した」と説明している。
 

ふむ。では見てみよう。


おわかりだろうか。

えーとね、僕は全然解りませんでしたよ(苦笑)


小鳥ピヨピヨさんのところに検証動画が貼られていたので、それもどうぞ。

ニコニコ動画版
YouTube版



あー...。
確かに女性のおしりが映ってますね。

けど、これが「不適切」で「ファミリー向けの番組としてふさわしくない」かと言われると。制作者の遊び心だし、子供の目に止まらない速度で流れてく映像に目くじら立てるほどのことでもないと思うけどなぁ。うざい社会になったもんだ。


是非、制作者のとこいったさん(アニメーター・堀口忠彦さん)のコメントもお聞きしたいところです。