しばらく、読んだ本を書くのを忘れていたので集中的に。

まずは、ハリポタ最終巻。

4915512630「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
松岡 佑子
静山社 2008-07-23

by G-Tools
さすがに全部ハードカバーで読む必要はないだろ…高いし…
そう思いつつ、でも殆ど意地で最後までハードカバーで買いました。
意外にあの大きさ、重さが読みやすかったりするんだよね。文庫も良いけど。

で、本作はハリポタの最終巻ということになるのだけど…


んーどうなんだろう。

ネタバレ厳禁で一言で書くとすると、鬱展開、かな…

最終的にはハッピーではあるんだけれども、
その課程であまりに多くのモノを失いすぎ、現実として確かにそういうことはあるんだけど、
ファンタジーとして読む場合はやっぱりもう少し甘えたいじゃないね?
コマンドーほど無敵じゃなくても良いけどさ。


だから、物語としては僕はある程度すっきりした(伏線の回収的な意味で)し、
そのために必要な犠牲だっただろうとは思うんだけど、
うん、それがないとダメなんだけど、やりきれない思いになった。
もうちょっとなんか別のやり方、なかったのかなぁ…

んーそういう意味では、第6巻までつきあっちゃった人には、必読!かもしれないな。



訳についてはAmazonのレビュー始め、
いろんなところでボロクソに言われてるみたいだけど、うーんまぁそうだね。
超訳せよとは言わないけど、長編の翻訳ってのは、小説家としての技術がないとダメなんだろうね。
個人的には、ある程度気にせずに足りないところは無意識に補って読み切っちゃったけど、
これを誰か他の人の訳(例えば…村上春樹?)でどう?っていわれたら、
確かに読んでみたい気がするね。



なんにせよ作者のJK ローリングと、
それを日本に紹介してくれた訳者の松岡さんには、ありがとう!と言いたい。
うん、面白いシリーズでした。
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories