1. If you knew that you had only one day left to live, what would you do for the 24 hours?
    あと一日しか生きられないとしたら、その24時間をどのように過ごしますか?
    24時間…うーん。休みを取って恋人と食事をして、自宅で遺書でも書きながら静かにそのときを待つ…かな。状況に依るけどね。
  2. Do you think that life has meaning?
    人生には意味があると思いますか?
    どうだろう…。結構、無意味なんじゃないかと思うこともあるな。意味なんか何にもなくて、人生はそのまま退屈しのぎなんじゃないかとね。もちろん、自分が生きていることの意味、つまり生きていて何をしたい/すべきと感じているかということを考えるときもあるけど、結果の方から逆算してみると、人生の殆どってたまたまだよな。例え合っても意味なんかよく分からんよ。
  3. What was your favourite childhood toy/object, or some of your favourites?(Remember childhood according to the United Nations is anywhere from 0-18 years, so this is a fairly broad span of time).
    子供の頃好きだったおもちゃやモノを上げてください?(“子供の頃”ってのは一応、国連で決まってる0-18歳っていう意味で。めっちゃ広いけどね)
    ズバリ!ダイヤブロックとファミコンかな。ダイヤブロックで遊んだ時期って結構重要だった気がするなぁ。想像力とか、その他色んな意味で。
  4. When you clasp your hands, do you put your right thumb over your left thumb, or your left thumb over your right thumb?
    両手を握ったとき、上に来るのは右の親指?それとも左の親指?
    左の親指かな。
  5. If you had to teach the most ignorant person on earth the most difficult thing you have ever learned, how would you go about doing it?
    地球上で最も教養がない人間に、あなたが一番苦労して勉強したことを教えなくてはいけないとしたら、どんな風に教えますか?
    「ignorant」って言う言い回しがちょっとカチンと来るなぁ。もし僕がそう感じる人がいるとしたら、その人は僕とは教養のカテゴリが全く完全に違うんじゃないかと思うよ。だとしたらもう教えるのは諦めちゃって、相手の教養を教えてもらいたいな。それでもし相手もこちらに興味が出たら、並行して少しずつ教えていきたい。


ちなみに4番目の問題に関しては、こんな話もあります。
(ホントかどうかは分からんけど)

くらしの小径 > 体のコラム> 右利きと左利きの話
今度は、両手の指を組んでみましょう。右手、左手、どちらの親指が上に来ていますか? 右手の親指が上に来ているなら右利きの可能性が強く、左手の親指が上なら左利きの可能性が強いのです。

ふーむ。
確かに僕は、生まれたときは左利きだったみたいだけど、
左の親指が上に来る割合と、左利きの割合って違いすぎるような気がするな。

まぁいいけど。


あと、腕を組んだときに上に来る腕で、左右の脳の使い方が分かるそうで。
(左脳は論理脳、右脳は感覚脳)
僕の場合は、右腕が上(=左脳が活発らしい)。

「右腕が上だけど、親指は左が上になった」「左腕が下だけど、親指は右が上」という人は、左右の脳をバランスよく使っている人。

なんだって。へー。



そんな感じで。
また次回。