涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)
涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)谷川 流 いとう のいぢ

角川書店 2004-10-01
売り上げランキング : 694
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こうなったら、もう最後まで付き合ってやんよ的ノリで第5弾。
いや、第5弾て書いてますが、たぶん。
だって、漢字2文字って見分け付きにくくってさ…

憂鬱』『溜息』『退屈』『消失』『暴走』、だっけ…
わかりにくっ。

第5弾暴走は、短編3編をインターミッションで繋いだ感じの構成。
アニメ版じゃないけど、時間軸が、『退屈』の後から『消失』挟んでその後までとなってるので、
なんとも捉えづらい。
ただ、これに関しては、抑えておくべき前提条件が多すぎるという点で、
凄く内輪な感じだけど、逆に言えばそういう舞台装置を上手くいかしてる、と言う感じも。


そうそう、読んだあと思ってたんだけど、ここまで読んだ限りでは、
『涼宮ハルヒシリーズ』ってのは、体裁こそミステリーやSFの形を取ってはいるけれども、
大体においてそういうのは、んー『ごっこ』だな、と。

いや悪い意味で言ってるんではなくて、『涼宮ハルヒ』という大きな本線がある。
で、そこに出てくる登場人物にその都度状況と役柄を与えて、
色んなジャンルのストーリーを展開させる。
実際の話、1つ1つは中身が薄かったり、稚拙だったり、陳腐だったりするけど、
(『雪山症候群』のパズルとか…無理矢理じゃね?数字の必然性が分かりにくい)
実際の話、本の良し悪しにはさほど影響がない。
それは、あくまで演出であって、物語そのものではないから。

さすがに、5巻目まで読んできた読者なら、その辺のことは分かってるだろうし、
内輪的な話の展開…つまり登場人物の性格の説明を省略したり、
以前のエピソードを脈絡無く引用/回想しても、読んでる方としては特に問題ない。


…というわけで、『暴走』は、シリーズものとしては大層面白いです。
伏線の回収や展開、サブキャラクターへの色づけ、安定の実感と不安定の予感。

ただまぁ、前後の巻があるからこその感じであるのは否定しようがない。
ので、この巻だけ読んで面白いかって言われるとねーそれはないっぽ。
まぁそんな人はいないと思うけど。

でも、とりあえずここまで読んだ人なら、次の巻が気になるはず。次もゴー。